加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【160721のマーケットから】ん?

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□第247号

**日記**
>7月21日
・船橋は雨…新聞を取りにマンションの玄関ホールに行った以外は外に出ず。
・セミナー・勉強会の資料を作って一日が過ぎた。

**お知らせ**
☆「安堵感」と「期待感」で上昇基調のマーケットだが…
★ある日突然…マーケットは動き出す!!
★当面のマーケットを独自の切り口で解説
『前向き投信ゼミナール!!』
>7月30日(土) 11:15:00-12:45
(1)エリオット波動論(長期)・移動平均大循環理論(中短期)から見る当面のマーケット
(2)「BREXIT ショック」をマーケットはどう吸収するか…次に来るものたちは?
(3)投資信託情報
・会場:SOBIZGATES 2F A会議室
・住所:東京都新宿区新宿5-11-2 SOBLD
・定員36名(参加費:1000円)
※ご参加お申込みは…mstb2021139@goo.jpまで
******************************
******************************
※ご注意ください!! 
・本ブログの情報は…
・信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいておりますが、
・今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願い致します。 
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版から*Rはロイターからの引用コメントです.
*****************************
*****************************
>21日
<ECB>:主要政策金利据置
<ドラギECB総裁>:会見
・「ECBは必要な時に行動する用意と意思と能力がある。」
・「成長へのリスクは下振れ方向。」
・「回復は緩やかなペース…第2四半期は第1四半期よりも低調。」
・「インフレは当面数ヶ月間は低水準。」
・「インフレは年末にかけては持ち直し…2017-18年には一段と上昇。」
・「金融政策こ加えて各国政府の構造改革が必要に。」
・「新たな経済予測が状況の把握の助けになろう。」
・「ECBは量的緩和の縮小は議論していない。」
>>:金融緩和の継続を示唆
【懸念要因動向】 (■=更新)
■米国利上げ
・イエレン議長はじめFRB高官・地区連銀総裁のスタンスは「利上げ慎重」「経済堅調」でほぼ一致
>21日
*中古住宅販売件数:6月*前月比
・結果:年率557万戸(+1.1%)>予想:年率557万戸
…2007年2月以来の高水準>>:景気は堅調と…
<アメリプライズ・ファイナンシャル:シニアエコノミスト;ラッセル・プライス>:*B
・「低金利や雇用市場の改善・賃金や収入の一段と緩やかな改善といった多くの要因に引き続きかなり支えられている。」
■中国景気…成長率鈍化は明らか…人民元売り止まらず…今後の「売り」要因として注不気味
<英ナイトフランク>:総合不動産サービス事業展開
>20日付リポート
*今年1-3月期の住宅価格上昇率*(前年同期比)
(1)中国:深セン市=62.5%(2)中国:上海市=30.5%(4)中国:南京市=17.8%(5)中国:北京市=、17.6%
(143)香港=▲5%(2008年から現在までの上昇率=120%…世界3位)
>>:これは…官製バブルがまたしても息を吹き返している証だろう…
■原油価格…値動き荒いが安定目指す
>7月21日原油市場
・NY原油先物9月限(WTI)(終値):1バレル=44.75(▲1.0 ▲2.19%)
・ブレント先物9 月限(ICE)(終値):1バレル=46.2(▲0.97 ▲2.06%)
>>:供給だぶつき懸念再燃
∵EIA報告:米国の原油供給…過去数十年間で最高水準に

■英国EU離脱…長期戦へ
*小売売上高(6月)*17:30
>前月比:結果▲0.9%<予想▲0.6%・前回+0.9%
>前年比:結果+4.3%<予想+5.0%・前回+5.7%(6.0%から修正)
>>:じわり…BREXIT後、個人は防衛に入ったか?
<ドラギECB総裁>
・「英EU離脱に関しては初期調査の段階でインフレ見通しに影響は見られてない。」
・「英国のEU離脱は回復への逆風。成長を下押しする恐れがある。離脱交渉の行方が不透明。影響を精査するのは時期尚早。」
<ソシエテ・ジェネラルシニアエコノミスト;アナトリ・アネンコフ>:*B
・「ドラギ総裁の最大の疑問は英EU離脱の悪影響がどの程度になるかということだが…答えを得るには事態が落ち着くまでしばらく待つ必要がある。」
■日銀追加緩和…政府経済対策をサポート(・・?
<黒田日銀総裁>:英BBCラジオ4
・「日銀はデフレマインドを根絶する決意。」
・「マイナス金利導入はリスクを予防しモメンタムを維持する。」
・「ヘリコプターマネー必要も可能性もない。」

*****************************
*****************************
【160721のマーケットから】
**国内株式市場** :反発(円安で企業業績に楽観論)
<住友生命保険:岡田允彦ポートフォリオ・マネジャー>:*B
・「かなり需給が軽かった中で財政や日本銀行への期待感から日本株が物色されている。」
・「ただし…投機筋中心の動きとみており…短期的な過熱感があるのは間違いない。」
・「来週の日銀会合前に材料出尽くしとなり…上値が重くなってしまうのではないか。」
>>:この人の今後の発言は(良い意味で)要注意だ…
<東海東京調査センター:仙石誠マーケットアナリスト>:*B
・「後場伸び悩んだのは…日本株が3月末の水準まで戻ってきたので…戻り売りが出せなかった投資家たちも出しやすい水準になった。」
<いちよしアセットマネジメント:秋野充成執行役員>:*B
・「ここからの日本株は…政策見極めムードとなりそう。」
・「企業の為替前提の多くは1ドル=110円であり…さらに円安が進まないと日経平均が1万7000円を抜けて上昇するのは難しい。」(>>:今のトレンドは為替ではないと思うけどね…)

*欧州株式21日終値*:ほぼ変わらず
英FT100  6699.89(-29.10 -0.43%)…小売り売上予想外のマイナス
独DAX  10156.21(+14.20 +0.14%)
仏CAC40  4376.25(-3.51 -0.08%)

<NNインベストメント・パートナーズ:マルチアセット担当ストラテジスト;パトリック・ムーネン>:*B
・「相場は予想以上に持ちこたえたもの…市場のムードは依然かなり懐疑的だ。」
・「すべては踏みとどまりパニックに陥らず…ファンダメンタルズを再評価することにかかっている。」
・「企業利益はある程度の方向性を与えてくれるだろうが…英EU離脱が経済成長に影響するのか…中銀が追加措置を講じる必要があるのかを示す経済データが待たれている。」

**NY株式市場**: 反落
>NY株式21日(NY時間16:24)
・ダウ平均   18517.23(-77.80 -0.42%)
・S&P500    2165.17(-7.85 -0.36%)
・ナスダック   5073.90(-16.03 -0.31%)
・CME日経平均先物 16625(大証終比:-185 -1.12%)

▼インテルやサウスウエスト航空などの決算<予想
∴過去最高値水準にある株式相場を健全な企業決算で維持していくというシナリオに不安

<ハートフォード・ファンズ・インベストメント・コンサルティングG責任者:トム・シオメーズ>:*B
・「相場上昇の多くは…英国の欧州連合(EU)残留・離脱をめぐる国民投票後のリリーフラリーによるものだった。」
・「企業決算については…予想を上回るそこそこの決算がいくつかあった以外に…これまでの上昇を正当化する材料は見られない。」
・「また…夏は相場環境が静かになり、…決算以外に相場を動かす材料はあまりない状況だ。」
>>:決算が悪いから下げる…期待で上げるどっかの市場に比べて「真っ当さ」を保っている

**NY外為市場**
*ドル・円*:米ドル買い優勢
●106円49銭へ上昇後→105円70銭まで反落→105円85銭で引け
∵(1)米国の週次失業保険申請件数…予想外の減少
∵(2)米国の6月中古住宅販売件数…9年ぶりの高水準
⇔その後…株安・原油安を嫌ったリスク回避の円買いも
*ユーロ・ドル*:ユーロのショートカバー郵政
●1ユーロ=1.1060ドルへ上昇後→1.0980ドルへ反落→1.1010ドルで引け
∵(1)欧州中央銀行(ECB)…定例理事会で市場の予想通り金融政策据え置きを決定
∵(2)ドラギECB総裁…速やかな追加緩和の必要性を示唆せず
⇔ユーロ圏の金利先安感も根強く上値も抑制
*ユーロ・円*:リスク回避の円買い
●117円48銭から116円36銭へ下落
∵原油安・株安を嫌気したリスク回避の動きが優勢

<バンコ・ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア:G10 通貨戦略グローバル責任者;ピーター・フランク>:*B
・「ユーロとってこれはニュートラルな出来事だ。」
・「ECBの金融政策会合にかけてユーロには若干の売り圧力がかかっていた可能性がある。」
・「しかし新たな材料は欠けており…緩やかな売り圧力は反転するだろう。
*****************************
*****************************:
■エリオットの波■は日経平均(月足)では…「下げの鼓動」最後の調整波にある。
■エリオットの波■:加藤のチャート利用法
※mixiコミュ:「SCMTBはじめくん」に掲載!!
******************************
******************************

※こんな時だからこそ…確認しておこう…振り落とされないために…しっかりつかまっているために…

<偉大な先達「山崎和邦」氏(元野村證券支店長:現武蔵野大学大学院教授)の見通し…>
<日経平均は二番底をつけたか?>
(1)2011年1月安値から2015年6月高値(20952円)までの上げ幅の半値押し
…2016年02月12日(一番底)14865円
(2)一番底からの半値戻し…2016年4月21日17381円…この後、少し上げて下げへ
(3)1990年代以降…一番底→二番底の平均日数=54日…5月18日!!16513円…
(4)つまり、今年のセルインメイはすでに通過したことになる…
(5)これは二番底なのか?
(6)山崎師は「中間反騰に過ぎず」と切り捨てる。 ☆☆☆
(7)ここからは師の経験に基づくものだが…「大相場=日経平均が2~2.5倍になる相場(アベノミクスを含め過去50年で5回)には大天井から4月21日までの日数が11カ月と短すぎる」と言う。
(8)そして…師は更に2016年が二黒の年であり、過去「9」(2+0+1+6=9)に係わった年は非常に強い何か(よくも悪くも)を生み出す…としている…
(9)二番底がまだついていない…とすれば…当面続くと思われる上げは「売り場」ということになるが…

>>いよいよ2番底か!? …6/24 14684は2番底か?(その資格は十分にある)

<加藤の予測>
【当面見通し&方針:1511末時点】 (追加(6)・…訂正(4)&(3)…3回目)
(1)年初急落…持ち直しは年央以降…年末急伸
(2)日経平均は14000円(ちょい割れあり)から22000円
(3)ドル円は106円(ちょい割れあり)から125円(リスクは円高に)…160408
  訂正前:ドル円は110円(ちょい割れあり)から125円(リスクは円高に)
  訂正前:ドル円は113円(ちょい割れあり)から125円 (年央までなら120円)
  ★03月01日の時点で円高目処を112.30円→111.50円→110.90円 と算出…突破!!
  ★04月08日の時点で円高目処を108.00円→106.50円→105.20円と算出…突破 !!
  ★06月17日の時点で円高目処を103.44円→103.06円→102.27円と算出…突破!!
  ★06月27日の時点で円高目処を101.40円→ 99.00円→ 97.37円と算出
  ※現在の水準105.80円(07月22日朝:昨日の予想レンジの下値を80銭オーバー)
  ※本日予測レンジは105.30円⇔107.10円
  ※今週予測レンジは102.30円⇔107.30円
  ★為替は苦手だぁ!!
(4)反発のきっかけは「インフラ公共投資」の推進を相場が認めること (金融政策ではない!!)
  英国EU離脱によるマイナスを埋めるためにも早急な発動必要
  訂正前:「中国」の「本格的財政」出動を相場が認めること
(5)新興国関係は「腹を決めて」金利を取るに徹する(投信で言えば基準価額が20%下がったら
買い下がる)
(6)買い下がったもので利益が出たものは10%毎に利食い
*****************************
*****************************
**お知らせ**
>7月30日(土) 17:00-18:30
・会場:日本カルチャー協会 東村山教室:Studio Avanti(スタジオ・アヴァンティ) 
・住所:東京都東村山市本町 2-21-3
・電話番号:042-397-1475
・体験講座として実施(体験講座料 500円)
・今後の定期的開催を予定しております(曜日・時間は再度見直し予定)

>随時開講中
・新入銀行員のためのマーケット知識基礎講座
・FP2級・FP3級受験講座(短期間で効率よく合格へ!!)
…「ストリートアカデミー」 https://www.street-academy.com/steachers/62329
・日程・時間はいかようにもアレンジ可能です。おひとりでもグループ(割引あり)でもお受けします!!


※上記、お問い合わせは…mstb2021139@goo.jpまで

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。