加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【週初雑感】160822

>ご希望の方に毎週週初にお送りしている【新騰落表】のレターコメントです。



・先日、小田原・新宿・大阪での10月、11月のセミナーのご案内をfacebookで差し上げところ…
・「その日は『嵐』のコンサートがあるので残念ながら…」というお返事をいただきました…
・『嵐』!!…僕でもそっち行きます(笑)…しかし…とんでもない相手にセミナーをぶつけたもんだなぁ(笑)
*****************************


>今週は26日ジャクソンホールでイエレンFRB議長の講演に注目が集まっているが…


・黒田さんも言ってることは言ってるらしいが…


>8月20日


<日本銀行:黒田東彦総裁>:産経新聞社とのインタビュー


■9月にまとめる「総括的な検証」を踏まえて…追加的な緩和措置を講じる可能性は十分ある。


<黒田総裁>
・「日銀が9月20-21日の金融政策決定会合で行うとしている「総括的な検証」を踏まえ…その時点の経済・金融情勢を議論し…
必要な場合には躊躇(ちゅうちょ)なく追加的な緩和措置を講じる可能性は十分ある。」
・「同検証の結果は…会合の声明文とともに公表する。」


・「日銀は2%の物価目標が17年度を中心に実現すると見込んでいる。」
・「達成の可能性は高いが…最近の国際的な状況などで不確実性が高まっている。」


・「マイナス金利政策については…欧州の複数の中央銀行で既に行われているように…技術的には金利をさらに引き下げる余地がある。」
・「限界にはまだ達していない。」
・「国内金融機関への影響については…収益が極端に悪化するとは思っておらず…金融仲介機能を阻害することにはならない。」


※政策手段はまだ残っているのか?


<BNPパリバ証券:河野龍太郎チーフエコノミスト>
・「市場では2%の物価目標を2017年度中に達成するのが難しい一方で政策手段はなくなっているとみられているが…『日銀は策はまだ残っている』と言いたいのだろう。」
・「9月の会合では『弾薬庫に弾薬が残っていない』と思われている市場の疑念を打ち消すのが重要。」


>>:ますます、なにかをやらなくては市場は納得しないだろう…
>>:一番効くのは、日銀が政府に「いい加減にしてよ!!金融政策は限界!!財政政策を迅速に協力に打ち出してよ!!」と言うことだが…財務官僚だった黒田さんには言えないだろうね…
*****************************
*****************************
●日本株式市場は「ゾーン」に入っているような気がするが…(夢の中で動いている感じ…要注意)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
●NYダウはイエレンFRB議長のジャクソンホールでの講演待ち…「陶酔は突如として終わる」か…?
http://kabutan.jp/stock/chart?code=0800
●ドル円はイエレンFRB議長がよほど過激なことを言わない限り2桁攻防に入るだろう…
http://kabutan.jp/stock/chart?code=0950



■IMM通貨先物 8月16日付け 主要国通貨 円の買い越し幅は3週連続で増加
(日本円):+56006枚(+7175枚):買越増 (3週連続)…これはどう見ても「やる気」だろう…
(ユーロ):▲92508枚(+5891枚):売越減 …買戻し
(ポンド):▲94238枚(▲4,156枚):売越増(7週連続)…再利下げ睨む
(スイスフラン)▲1545枚…先週の+107枚買越から売越に転換…ユーロと入替


■MM通貨先物 8月16日現在 資源国通貨 豪ドルの買い越し幅が大幅増
(カナダドル)+12473枚(▲2893枚)…3週連続の買越減
(豪ドル)+41113枚(+6229枚)…買越増…資源価格上昇
(NZドル)▲695枚(▲82枚)売越増
*****************************
*****************************
>天候不穏 みなさん気を付けて!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。