加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【160915のマーケットから】

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□第278号


**日記**
>9月15日
・家内と船橋東武の北陸物産へ。金沢・福井・富山の懐かしい味を少しづついただく。
******************************
******************************
※ご注意ください!! 
・本文中の情報は…
・信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいておりますが、
・今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願い致します。 
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版から*Rはロイターからの引用コメントです.
*****************************
*****************************
●<ドル円> チャート
■移動平均大循環理論■(5日‐25日‐75日移動平均ベース)
  https://kabutan.jp/stock/chart?code=0950
・長期>短期>中期=位置的には…「大底圏」から上昇トレンドへの「移行期」だが…
…昨日は5日線絡みで動いた
…トピックスとチャートを睨んだ攻防が続く
●<日経平均>チャート ★★★!!
 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
■エリオットの波■:(月足)では…「下げの鼓動」最後の調整波にある。
・2016年5月31日の17251.36円を抜くと「上昇波動」の復活の可能性強まるが…
■移動平均大循環理論■(5日‐25日‐75日移動平均ベース)
・中期>短期>長期=「下降トレンド」への移行ゾーンに入る(75日線で一応止まったが…)
…ローソク足も「窓」が空いており波乱注(読み通り…当面続く)
■騰落レシオ■>9月15日:(6日)=52.97(25日)=93.0(6日「売られ過ぎ」ゾーン)
****************************
****************************
【懸念要因動向】 (■=更新)
■米国利上げ
<IMF:ライス報道官>:会見
・10月のIMF報告では米成長見通しを下方修正する可能性。
・直近の弱い米GDPデータは懸念。


□中国景気…成長率鈍化は明らか…人民元売り止まらず…今後の「売り」要因として注不気味
・15~16日…中秋節連休


■原油価格…値ぶれ大きいが安定目指す($40~$50/Bの安定目指す)
>160915:小反発
◎NY原油先物10月限(WTI)(終値):1バレル=43.91(+0.33 +0.75%)
▼売り要因:「米原油在庫の減少は一時的との見方」+「リビアとナイジェリアの供給回復見通し」
▽買い要因:下げすぎ感などを背景に切り返し
>>:1バレル=$40~$50なら「大騒ぎ」する必要はないだろう…


■欧州経済…英国EU離脱…長期戦へ
【英国】
<英中銀>
・金融政策決定会合:金融政策据置き決定⇔年後半の追加緩和を示唆…ポンド売り
<EU高官見解>
・交渉が非常に難航した場合…英国がEU離脱を断念する可能性に言及…ポンドの買い
*小売売上高(8月)*
>前月比:結果▲0.2%>予想▲0.4%・前回+1.9%(*1.4%から修正)
>前年比:結果+6.2%>予想+5.4%・前回+6.3%(+5.9%から修正)
【スイス】
<スイス国立銀行>・金融政策決定会合:政策を据置き
⇔・フランは過大評価…必要とあればフラン高是正の介入実施姿勢示す…フラン上昇を牽制
【ユーロ圏】
*ユーロ圏消費者物価指数・確報値(8月)*
>前月比:結果+0.1%=予想+0.1%・前回▲0.6%
>前年比:結果+0.2%=予想+0.2%・前回+0.2%
*ユーロ圏貿易収支(7月)*
>季調済:結果+200億ユーロ<予想+220億ユーロ・前回+238億ユーロ(234億ユーロから修正)
>季調前:結果+253億ユーロ<予想+296億ユーロ・前回 292億ユーロ()
<バイトマン独連銀総裁>:緩和政策の長期化懸念示す
・緩和政策の効果は次第に減少して行き、副作用が増す。
・緩和政策は存続不可能な企業を温存させてしまう。
・緩和政策は構造改革を遅らせ、生産性を阻害する。
・中央銀行が政府の最大の債権者になっている。
・英EU離脱にもかかわらず、景気回復の持続を予想。
・インフレは概ね2018年までにECBの目標に到達すると予想。


■日銀追加緩和…政府経済対策をサポート(・・?
*鉱工業生産・確報値(7月)*
>前月比:結果▲0.4%<前回±0.0%★
>前年比:結果▲4.2%<前回▲3.8%★
*設備稼働率(7月:前月比)*結果+0.6%<前回+1.5%★
<日銀:ETF購入>
>8月
・18日:従来型ETFを購入せず⇔設備・人材投資企業支援ETFは12億円購入
・26日:従来型ETFの買い入れ707億円実施
>9月
●従来型ETFの買入実施せず (02日・08日)
◎従来型ETFの買入実施
・12日:737億円 ・13日:733億円 ・14日:733億円
*****************************
*****************************
【160915のマーケットから】
**国内株式市場**:続落
*日経平均*終値1万6405円11銭(前日比▲209円23銭 ▲1.3%)
*TOPIX*終値1301.11(前日比▲13.63 ▲1.0%)…7日続落(2年5カ月ぶり)
▼日米金融政策への不透明感…投資家間でリスク回避姿勢が強い
▼国内のマイナス金利深掘り観測嫌気…銀行など金融株・不動産株中心に安い
▼円高警戒で輸送用機器など輸出株にも売り。


<みずほ投信投資顧問:岩本誠一郎シニアファンドマネジャー>:*B
・「日本銀行の総括的検証がポジティブに働くとの思惑から銀行株はここまで変に上がっていたが…足元でこれが剥落している。」
・「日米の金融政策イベント通過するまではいったん模様眺め。」
>>:これも極めて素直な意見
<SBI証券:藤本誠之シニアマーケットアナリスト>:*B
・「日銀のマイナス金利幅拡大という方向性が外国人投資家にとって売る材料になっている。」
<丸三証券:服部誠執行役員>:*B
・「需給データ面からも日本株の上昇エネルギー不足を指摘できる。」
・「裁定買い残高の急減を見る限り…日本株の先高観は乏しい。」
・「海外投資家の日本株を見る目がいかに厳しいかが分かる。」
※東京証券取引所
>14日発表
*9月1週(5-9日)のプログラム売買の状況*
・裁定買い残:3386億円…09年3月2週(3363億円)以来の低水準


>>:日銀・FOMCの金融政策を読み切る力が今のマーケットにはなく…そうなれば「落着かない」動きは続く…だから今日は「バカ上げ」するかも知れない。


**NY株式市場**:反発
>NY株式15日(NY時間16:27)
・ダウ平均   18212.48(+177.71 +0.99%)
・S&P500    2147.26(+21.49 +1.01%)
・ナスダック   5249.69(+75.92 +1.47%)
・CME日経平均先物 16470(大証終比:+210 +1.28%)


▼朝方発表になった米小売売上高や鉱工業生産は予想を下回る弱い内容
…米景気の先行き不安を強める内容

▽米利上げ期待も後退…株式市場はポジティブな反応★昨日とは全く逆の反応


<フィデューシャリー・トラスト:最高投資責任者(CIO);ピーター・アンダーセン>:*B
・「市場は現在はロジックよりもセンチメントに左右されている。」
・「明確なトレンドが待ち望まれている。」
・「投資家は日々の指標をみて米金融政策がどう動くか計算して即座に織り込むしか手だてがなくなっている。」
>>:素直な意見だね。


**NY外為市場** :米ドル反発
*ドル・円*:1ドル=101円94銭へ下落後→102円76銭まで上昇
▼米8月小売売上高・8月生産者物価指数(PPI)<予想…9月の利上げ観測後退→ドル売り加速
*8月小売売上高*:前月比▲0.3%(予想:▲0.1%・7月:+0.1%←0.0%)
*8月小売売上高(自動車除く)*:前月比▲0.1%(予想:+0.2%、7月:▲0.4%←▲0.3%)
▽株高・原油高好感…リスク選好の動きに下げ止まる。
*ユーロ・ドル*:1ユーロ=1.1284ドルへ上昇→1.1226ドルへ反落…1.1240ドルで引け。
*ユーロ・円*:1ユーロ=115円43銭へ上昇→114円76銭まで下落。


<ブラウン・ブラザーズ・ハリマン:新興市場戦略責任者ウィン・シン>:*B
・「来週何らかの行動が起きるわずかな可能性は弱いデータに消された。」
・「予想される金融引き締めのタイミングは12月以降へと押しやられた。」
・「ドルへの追い風は吹きやむだろう。」


<ブルームバーグ>:アナリスト調査の予想中央値
>年末までに
*米ドル*:対ユーロで1ユーロ=1.10ドル・対円で1ドル=105円に上昇


[経済指標]
【米国】
・8月鉱工業生産:前月比▲0.4%(予想:▲0.2%・7月:+0.6%←+0.7%)★
・8月設備稼働率:75.5%<(予想:75.7%・7月:75.9%)★
・先週分新規失業保険申請件数:26.0万件<(予想:26.5万件・前回:25.9万件)☆
・失業保険継続受給者数:214.3万人<(予想:215.0万人・前回:214.2万人←214.4万人)
・9月NY連銀製造業景気指数:▲1.99<(予想:▲1.00、8月:▲4.21)
・9月フィラデルフィア連銀製造業景況指数:12.8>(予想:1.0・8月:2.0)☆
・4-6月期経常収支:▲1199億ドル<(予想:▲1210億ドル・1-3月期:▲1318億ドル←▲1247億ドル)
【豪州】
*雇用者数(8月)*:結果▲3.9千人<予想+15.0千人・前回+26.2千人 (一次修正値25.3千人より修正・速報値は26.2千人)★…豪ドル売り
*失業率(8月)*:結果 5.6%<予想 5.7% 前回 5.7%
*****************************
*****************************
◆ETFおよびETN売買状況◆:15日
・合計売買代金:1819億円(前日比+22.6%)
※日経平均株価に連動するETF(含 ベアETF・レバレッジETF)20銘柄の売買代金
・合計:1644億円(前日比+21.6%)
(個別銘柄)
◎上昇
・「iPath:エネルギー指数連動受益証券発行信託」:+3.60%
●下落
・「NEXT:原油ブル」:▲5.66%
(売買高):日経平均株価▲209円安と急落
・「NEXT:日経平均レバレッジ」:1103億7000万円
…東証全銘柄で2位…過去5営業日の平均売買代金956億9200万円を大幅に上回る活況


◆新規投信設定◆
※今週予定
>2016/9/15 ファンド名/投信会社 
・ 「世界好利回りCBファンド2016-09(為替ヘッジあり)(限定追加型)」/三菱UFJ国際投信
・「世界好利回りCBファンド2016-09(為替ヘッジなし)(限定追加型)」/三菱UFJ国際投信
>2016/9/16 ファンド名/投信会社 
・「NNライフアップ株式ファンド(為替ヘッジなし/年2回決算型)」 /NNインベストメント・パートナーズ
・「NNライフアップ株式ファンド(為替ヘッジなし/資産成長型)」/NNインベストメント・パートナーズ
・「NNライフアップ株式ファンド(為替ヘッジあり/年2回決算型)」/NNインベストメント・パートナーズ
・「NNライフアップ株式ファンド(為替ヘッジあり/資産成長型)」/NNインベストメント・パートナーズ
・日本株ニュートラル・ファンド2016-09/大和アセットマネジメント
******************************
******************************
<加藤の予測>
【当面見通し&方針:1511末時点】 (追加(6)・…訂正(4)&(3)…3回目)
(1)年初急落…持ち直しは年央以降…年末急伸
(2)日経平均は14000円(ちょい割れあり)から22000円
(3)ドル円は106円(ちょい割れあり)から125円(リスクは円高に)…160408
  訂正前:ドル円は110円(ちょい割れあり)から125円(リスクは円高に)
  訂正前:ドル円は113円(ちょい割れあり)から125円 (年央までなら120円)
  ★03月01日の時点で円高目処を112.30円→111.50円→110.90円 と算出…突破!!
  ★04月08日の時点で円高目処を108.00円→106.50円→105.20円と算出…突破 !!
  ★06月17日の時点で円高目処を103.44円→103.06円→102.27円と算出…突破!!
  ★06月27日の時点で円高目処を101.40円→ 99.00円→ 97.37円と算出
  ※現在の水準101.90円(09月16日午前7時50分…昨日予想レンジ下限)
   ※本日(160916)予測レンジは…101.50円⇔102.45円
  ※週間(160912-16)予測レンジは…100.40円⇔10375円
  ★為替は苦手だぁ!!
(4)反発のきっかけは「インフラ公共投資」の国際協調による推進を相場が認めること
    訂正前:「中国」の「本格的財政」出動を相場が認めること
(5)新興国関係は「腹を決めて」金利を取るに徹する(投信で言えば基準価額が20%下がったら
買い下がる)
(6)買い下がったもので利益が出たものは10%毎に利食い
*****************************
*****************************
**お知らせ**
『前向き投信ゼミナール!!』: 2016年秋(年末から年始へ)
(1)開催日直近まだのトピックスからマーケットの大きな流れを解説
(2)チャート(移動平均線大循環理論)を基に当面の「日経平均」「NYダウ」「ドル円」の動きを予測
(3)投資信託情報 など…


<ついに…関西進出!!>
>10月29日(土) 13:00-14:30 @大阪1★(今回新設!!)
・会場:NSEリアルエステート堂島淀屋橋店C-2会議室
・〒530-0047:大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング(地下)
【アクセス】・ 地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」徒歩4分
・ 御堂筋に面した大阪市役所北向かいの大型ビル
・ 1階が「池田泉州銀行」「ドトールコーヒー」
http://www.nse-r.net/dojima/index.html
・定員:25前(参加費:1000円)
★関西のみなさま!!お待たせしました!!
★久々の「加藤節」をご堪能ください!!(お知合いにもご紹介くださいm(__)m)
★10月ですので…ゆっくりご検討を!!


<いつもの…小田原・新宿も>
>10月23日(日) 13:30‐15:00  @小田原7★(感無量…7回目です!!)
・会場:小田原(おだわら市民交流センターUMECO…前回と同じです
・小田原FP事務所さんのご協力をいただいています
・小田原駅から徒歩1分
http://umeco.info/use/access/
・定員:30名(参加費:1000円…リピーター・ペア割引あり)
★前回はおかげさまで満席になりました!!お早目のご予約を!!


>11月12日(土) 11:15‐12:45 @新宿4★(開場の都合で日程が変更になりましたm(__)m)
・会場:SOBIZGATES2階A会議室
・住所:東京都新宿区新宿5-11-2 SOBLD
http://www.kaigi-room.com/build/access/c001346.php
・定員36名
★毎回満席…ありがとうございます…お早目のお申込みを!!


※ご参加お申込みは…mstb2021139@goo.jpまで


>随時開講中
・新入銀行員のためのマーケット知識基礎講座
・FP2級・FP3級受験講座(短期間で効率よく合格へ!!)
…「ストリートアカデミー」 https://www.street-academy.com/steachers/62329
・日程・時間はいかようにもアレンジ可能です。おひとりでもグループ(割引あり)でもお受けします!!


※上記、お問い合わせは…mstb2021139@goo.jp

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。