加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【161006のマーケットから】

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□第291号
**日記**
>10月06日
・DVD:5枚借りる(エージェントシールド2枚:エレメンタリー:バットマン・ライジング:レヴェナント)
******************************
******************************
※ご注意ください!! 
・本文中の情報は…
・信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいておりますが、
・今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願い致します。 
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版から*Rはロイターからの引用コメントです.
*****************************
*****************************
【テクニカル】
◎<ドル円>
■移動平均大循環理論■(5日‐25日‐75日移動平均ベース)
  https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
☆彡短期>長期>中期=位置的には一気に「上昇トレンド」に入った⇒NY104円台突入!!
>★:1ドル=99.25円→99.09円が当面ターゲットか? …と思っていたが…
>>:当面は流れに逆らわない。ヘッジ付外債はそのまま保有。
●<日経平均>
■エリオットの波■:(月足)では…「下げの鼓動」最後の調整波にある。
・2016年5月31日の17251.36円を抜くと「上昇波動」の復活の可能性強まるが…
■移動平均大循環理論■(5日‐25日‐75日移動平均ベース)
  https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
★中期>短期>長期=「下降トレンド」への移行ゾーン
…大きな窓空けの動き続く・3本の移動平均線が「上向き」に(当面は波乱含み)
>>:NYも上げてきており再び「天井圏」に戻るか?
■騰落レシオ■>10月05日:(6日)=148.21(25日)=126.56(6日・10日・15日・25日「過熱ゾーン」) …激熱状態!!
***********
***********
【注目】 !!
 <IMF>
  ・グローバリゼーションの取り扱いには深刻なリスク…グロバリゼーションへの対応不十分
  ・財政政策が低金利環境では重要なカギ
  ・世界経済の低迷に失望
***********
***********
<<お知らせ>>
>>:開催まであと一ヵ月!! 『前向き投信ゼミナール!!』: 2016年秋(年末から年始へ)
(1)開催日直近まだのトピックスからマーケットの大きな流れを解説
(2)チャート(移動平均線大循環理論)を基に当面の「日経平均」「NYダウ」「ドル円」の動きを予測
(3)投資信託情報 など…
■小田原10月23日
■大阪10月29日
※詳細は一番最後に!!
***********
***********
【161006のマーケットから】
◎国内株式市場◎:4日続伸
 ▽良好な経済指標を受けた米国景気の回復期待+為替の円安推移…輸出株・金融株高い
 ▽海外原油価格上昇…節目の50ドルに接近…鉱業・石油株高い。
 *TOPIX*:1353.93(前日比+6.12 +0.5%)…4カ月ぶり(6月1日以来)の高値
  …4日連続の上昇はは9月6日(5日続伸)以来
 *日経平均株価*1万6899円10銭(前日比+79円86銭 +0.5%)


 <BNYメロン・アセット・マネジメント・ジャパン:王子田賢史・日本株式運用部長>:*B
  ・原油高と米長期金利の上昇に円安が重なり…足元の日本株はややリスクを取りやすい環境が     整っている。
  ・今のような好意的にみるセンチメントなら…早ければ11月初旬から株価が切り上がる動きがあって
   もおかしくない。
  ・企業業績の観点では…投資家は今が大底を通過中だと分かっており…上期決算で株価が下げた
   場合に悪材料出尽くしになるのかどうかを見極めようとしている。
  >>:本当に今が大底なのか…(・・?
  >>:自分のイメージ(急落→急騰)と違う…17000円超えをどこで売るかだ…
******
******
[米国経済指標]
 ☆先週分新規失業保険申請件数:24.9万件<(予想:25.6万件・前回:25.4万件)
 …1973年以来の低水準
 ☆失業保険継続受給者数:205.8万人<(予想:208.1万人・前回:206.4万人←206.2万人)
******
******
★NY株式市場★:小反落
 >NY株式6日(NY時間16:22)
 ・ダウ平均   18268.50(▲12.53 ▲0.07%)
 ・S&P500    2160.77(+1.04 +0.05%)
 ・ナスダック   5306.85(▲9.17 ▲0.17%)
 ・CME日経平均先物 16980(大証終比:+80 +0.47%)


 ▼今週発表になっている米経済指標が米利上げ期待を支援する内容相次ぐ
  …ダウ平均は一時118ドル安まで下げ幅を拡大する場面も
  ⇔明日の米雇用統計を控えてそれ以上の動きもなく前日付近で引け
  …ECBの幹部が現在の緩和姿勢を維持する姿勢を示す
  →このところ高まっている中央銀行の緩和縮小観測を打ち消す発言も買い戻しの動きを誘う


  <レコン・キャピタル・パートナーズ:最高投資責任者(CIO);ケビン・ケリー>:*B
   ・「特に雇用に関しては楽観的な見方の多くが既に織り込まれている。」
   ・「他の指標が全て景気堅調を示唆しており今回の雇用統計は予想に沿う内容となるはずだ。」
   ・「市場の12月の利上げを予想実現には…かなり良い数字が出てくる必要があるが…驚くようなも     のにはならないと思う」
******
******
☆NY外為市場☆:米ドル続伸
 *ドル・円*:1ドル=103円64銭→104円16銭まで上昇…104円05銭で引け(8営業日連続続伸)
  ▽週次新規失業保険申請件数…前回から減少(予想増加)⇒利上げ観測↑↑…ドル買い拍車
 *ユーロ・ドル*:1ユーロ=1.1189ドルから1.1146ドルへ下落して引け
  ▼ECB:9月定例理事会議事要旨…メンバーが依然刺激策を支持していること明らかに
  ▼コンスタンシオ副総裁…ECBに量的緩和(QE)縮小のコンセンサスがあるとの報道は正しくない
  ⇒量的緩和(QE)縮小観測後退
 *ユーロ・円*:1ユーロ=115円92銭から116円28銭まで上昇
 *ポンド・ドル*:1ポンド=1.2668ドルから1.2620ドルまで下落
  ▼英米金利差の拡大観測を受けたポンド売り。ドル買いが加速
  ・メイ首相…超低金利政策と量的緩和策は金融危機後の応急処置…副作用も生じた
  ⇔カーニー英中央銀行総裁…英国中銀の独立性を弱めるものではない…緩和姿勢確認


 <CIBCワールド・マーケッツ:外為・マクロ担当シニアストラテジスト;バイパン・ライ>:*B
   ・「現時点でドルが享受しているのは楽観というより悲観的な見方の後退だ。」
   ・「雇用者数の強い伸びが再び示されれば…数カ月以内に金利を引き上げる論拠が強まる。」
   ・「雇用者数の伸びは20万人を上回る可能性があり…そうなればドルにはプラスだ。」
***************
***************
【懸念要因動向】 (■=更新)
■米国利上げ
 <グリーンスパン元FRB議長>
   ・社会保障の増加は問題(年9%つづ増加)⇒社会保障問題は真剣に取り組む必要
   ・インフレは上昇の傾向(低利益率がインフレを実体を覆い隠している)
   ★大統領選でFRBが行動を遅らせることはない。
 <ルー米財務長官>
   ・世界経済の成長加速が課題となり続けている
  
■中国景気…成長率鈍化は明らか…人民元売り止まらず…今後の「売り」要因として注不気味
 ☆彡国慶節
 <国際通貨基金(IMF)>:最新リポート
  *中国の経済成長率*
   >2016年:6.6%→>2017年:6.22%まで鈍化(インフレ率…2-2.5%前後)
   …向こう数年の成長ペース=徐々に減速
   >2021年:5.8%まで減速すると予測
   …中国政府が実施した景気対策=低レベルの景気対策…より質の高い景気対策が必要
   ※2015年:「中国からの資本流出」>「新規海外投資額」…外貨準備高大幅減少
   ・「投資家が中国経済の減速および人民元の下落を警戒していた。」


■原油価格…値ぶれ大きいが安定目指す($40~$50/Bの安定目指す)
 >161006:続伸 $50/Bを突破!!
 ◎NY原油先物11月限(WTI)(終値):1バレル=50.44(+0.61 +1.22%)
 ▽米エネルギー情報局(EIA)統計…原油在庫が5週連続して減少(昨日のニュース)
 ▽ハリケーン「マシュー」の影響による供給障害リスクの高まり
 …材料的には「なんでもいい」状態…やり過ぎ注意!!
  >>:1バレル$40~50で動いていれば大騒ぎする必要はないだろう。
 
■欧州経済…英国EU離脱…長期戦へ+欧州金融不安再燃
 【ユーロ圏】
 <IMF:ラガルド専務理事>:テレビインタビュー
  ・メイ英首相がEU離脱の通告の時期を明言したことは歓迎。
  ・ドイツ銀行はビジネスモデルを検証する必要。
  ・ビジネスモデルを検証する必要があるのはドイツ銀行だけではない。
  ・金融政策・財政政策・構造改革は同時に行われなければならない。
 <ECB理事会> (9月7-8日ECB理事会)
  ・インフレ期待は市場の刺激策への期待を反映
  ・ブレグジットのリスクを評価することは時期尚早
  ・金融面でのサポートの継続が重要
  [経済指標]
   *ユーロ圏小売業PMI(9月)*:結果49.6<8月51.0
    *独小売業PIM(9月)*:結果53.0<8月54.1
    *仏小売業PIM(9月)*:結果49.1<8月53.0
    *伊小売業PIM(9月)*:結果45.0>8月43.2
   *独製造業受注(8月)*
>前月比:結果+1.0%>予想+0.3%・前回+0.3%(+0.2%から修正)
>前年比:結果+2.1%>予想+1.6%・前回▲0.6%(▲0.7%から修正)


■欧州金融不安…現れては消え、消えては現れる…潜在的リスク
 <独政府>
  ・ドイツ銀行問題で米司法省と協議はしていない。
  ・これはドイツ銀行と米当局の間の問題。


■日銀追加緩和…政府経済対策をサポート(・・?
 <日銀> 
   ・黒田総裁は6日から10日まで米国に出張
    …ワシントンで開催されるG20財務相・中央銀行総裁会議などに出席
    >>:米国雇用統計発表を「みんなで一緒に」見るのか…
 (ETF買入状況):10月判明分 :10月06日現在
  ●従来型ETFの買入実施せず (03日・04日・05日)
  ◎従来型ETFの買入実施 なし


■BRiC’s…更なる成長への挑戦
 >5日
 【ブラジル】:ボベスパ指数=60254.34(前日比+1.54%)反発
  ▽米石油統計…原油在庫の取り崩しが相次いで発表→原油価格を押上げ
  ▽通貨レアル高の進行…テメル政権が進めている財政赤字の縮小計画が順調に進むとの観測
 【ロシア】:MICEX指数=1975.85(前日比▲0.46%)続落
  ▼年内の米利上げ懸念の再燃→ロシアなど新興国からの資金流出懸念がやや強まる
  ▼欧州中央銀行(ECB)実施中の来年3月末までの量的緩和(QE)…縮小開始検討(・・?
  ▼石油会社ロスネフチ(ROSN)の民営化…株式引受先未定(・・?
 【インド】:SENSEX指数=28220.98(前日比▲0.40%)4日ぶり反落
  ▼年内の米利上げ懸念強まる
  ▼英国の欧州連合(EU)離脱に伴う悪影響(メイ英首相…EU離脱交渉が険しい道のりになる)
 【中国本土】休場(国慶節)


*****************************
*****************************
◆ETFおよびETN売買状況◆:06日
 ・合計売買代金:1523億円(前日比▲0.7%)
 ※日経平均株価に連動するETF(含 ベアETF・レバレッジETF)20銘柄の売買代金
 ・合計:1306億円(前日比▲5.5%)
 (個別銘柄)
  ◎上昇:『上場インデックスファンドTOPIX』+3.56%
  ※日経平均連動ETF (日経平均株価…73円高)
  『NEXT日経平均レバレッジ』:売買代金836億2200万円(東証全銘柄トップ)
  ★過去5営業日の平均1031億8200万円を大きく下回る。 …商いは細っている


◆新規投信設定◆
>2016年10月06日設定分 なし  
******************************
******************************
<加藤の予測>
【当面見通し&方針:1511末時点】 (追加(6)・…訂正(4)&(3)…3回目)
(1)年初急落…持ち直しは年央以降…年末急伸
(2)日経平均は14000円(ちょい割れあり)から22000円
(3)ドル円は106円(ちょい割れあり)から125円(リスクは円高に)…160408
  訂正前:ドル円は110円(ちょい割れあり)から125円(リスクは円高に)
  訂正前:ドル円は113円(ちょい割れあり)から125円 (年央までなら120円)
  ★03月01日の時点で円高目処を112.30円→111.50円→110.90円 と算出…突破!!
  ★04月08日の時点で円高目処を108.00円→106.50円→105.20円と算出…突破 !!
  ★06月17日の時点で円高目処を103.44円→103.06円→102.27円と算出…突破!!
  ★06月27日の時点で円高目処を101.40円→ 99.00円→ 97.37円と算出
  ※現在の水準:104.00円(10月07日午前6時45分:昨日予想レンジの上限)
   ※本日(161007)予測レンジは…103.50⇔104.50
  ※週間(161003-07)予測レンジは…99.50⇔104.50
  ★為替は苦手だぁ!!
(4)反発のきっかけは「インフラ公共投資」の国際協調による推進を相場が認めること
    訂正前:「中国」の「本格的財政」出動を相場が認めること
(5)新興国関係は「腹を決めて」金利を取るに徹する(投信で言えば基準価額が20%下がったら
買い下がる)
(6)買い下がったもので利益が出たものは10%毎に利食い
*****************************
*****************************
■加藤のセミナー『前向き!!投信ゼミナール!!』
<ついに…関西進出!!>
>10月29日(土) 13:00-14:30 @大阪1★(今回新設!!)
・会場:NSEリアルエステート堂島淀屋橋店C-2会議室
・〒530-0047:大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング(地下)
【アクセス】・ 地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」徒歩4分
・ 御堂筋に面した大阪市役所北向かいの大型ビル
・ 1階が「池田泉州銀行」「ドトールコーヒー」
http://www.nse-r.net/dojima/index.html
・定員:25前(参加費:1000円)
★関西のみなさま!!お待たせしました!!
★久々の「加藤節」をご堪能ください!!(お知合いにもご紹介くださいm(__)m)


<いつもの…小田原も>
>10月23日(日) 13:30‐15:00  @小田原7★(感無量…7回目です!!)
・会場:小田原(おだわら市民交流センターUMECO…前回と同じです
・小田原FP事務所さんのご協力をいただいています
・小田原駅から徒歩1分
http://umeco.info/use/access/
・定員:30名(参加費:1000円…リピーター・ペア割引あり)
★前回はおかげさまで満席になりました!!お早目のご予約を!!
※新宿は11月12日です!!(一番最後の段をご覧ください)


<11月は新宿です!!>
>11月12日(土) 11:15‐12:45 @新宿4★(開場の都合で日程が変更になりましたm(__)m)
・会場:SOBIZGATES2階A会議室
・住所:東京都新宿区新宿5-11-2 SOBLD
http://www.kaigi-room.com/build/access/c001346.php
・定員36名
★毎回満席…ありがとうございます…お早目のお申込みを!!


※ご参加お申込みは…mstb2021139@goo.jpまで


>随時開講中
・新入銀行員のためのマーケット知識基礎講座
・FP2級・FP3級受験講座(短期間で効率よく合格へ!!)
…「ストリートアカデミー」 https://www.street-academy.com/steachers/62329
・日程・時間はいかようにもアレンジ可能です。おひとりでもグループ(割引あり)でもお受けします!!


※上記、お問い合わせは…mstb2021139@goo.jp

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。