加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【161129のマーケットから】逆神吠える

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□第317号
**日記**
>11月29日
・義弟から「中日ドラゴンズ」の80周年記念ユニフォームをいただいた。
・ありがとう!!確かに受取ました!!
・今年は名古屋はドラもグラ(Jリーグ)最低の年だった。
・来年は真田昌幸を思わせる智将「森繁和」のもと勢力拡大を目指す。
***************************
******************************
※ご注意ください!! 
・本文中の情報は…
・信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいておりますが、
・今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願い致します。 
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版から*Rはロイターからの引用コメントです.
*****************************
*****************************
<加藤注目>: 2017年は日本株の年!?<モルガン・スタンレー>の見方


◎日本株の上昇相場は2017年も持続すると予想。
◎米国株売りの日本株買いを推奨。


>今年前半の日本株パフォーマンス下位市場に転落
●市場の信頼を失ったアベノミクス…今年前半のTOPIXは▲19%
>年央~現在
◎劇的な反転…TOPIXは28日までの12営業日で続伸…1月以来の水準に戻す。


<モルガン・スタンレーのクロスアセット戦略チーム(アンドルー・シーツ統率)>:*B
 ・財政拡大・利益増大・アニマルスピリットの復活見込みを背景に…
 ・想定される上昇相場での上げはこれまでになく大きいようにみられる。
 ・日本企業の1株当たり利益は世界の他の地域よりも速いペースで拡大
 …TOPIXは2017年に最大24%上昇する予想


 「日本はわれわれのトップマーケットになった。」
 「長期的バリュエーションは魅力的で循環的な強さもある」
 「増益見通しも良好だ」


>>:モルガン・スタンレーの日本株強気は一段の円安とエコノミスト予想を上回る日本の経済成長、世界景気の堅調な拡大の予想が前提。
>>:同社は日本株の投資判断を「アンダーウエート」から「オーバーウエート」に引き上げ、米国株は「オーバーウエート」から「ニュートラル」に引き下げた。
>>:新興市場株は「アンダーウエート」(従来「ニュートラル」)。


>>:ある意味…加藤の想いと全く逆(笑)…日経と野村とモルスタは昔から加藤に「逆神」だ…
*******
*******
<主要国金融政策>
*******
*******
【161129のマーケットから】
・国内株式市場*:一服反落
 >2016年11月29日
 *TOPIX*:1468.57(前日比▲1.01 ▲0.1%) …13営業日ぶり反落
 *日経平均株価*:1万8307円04銭(前日比▲49円85銭 ▲0.3%) …続落
 ※東証1部:(売買高)19億5601万株(売買代金)2兆3081億円


 ▼米国長期金利上昇一服…海外金融株安の流れ…保険や証券など金融株の一角が下落
 ▼為替市場…円安の勢い鈍る…輸出株・素材株も軟調


 <しんきんアセットマネジメント投信:鈴木和仁シニアストラテジスト>:*B
   ・日米の株高やドル高・円安の急ピッチな進行+米次期政権に対するいいところ取りの動き
   …がいったん終わった。
   ・OPEC総会での減産合意の有無により市場マインドが大きく変わる可能性もある。
   ∴短期的に持ち高整理の売りが出るのはやむを得ない。


 >>:市場は「利食い」の認識で一致している…


  <テクニカル>
 *日経平均*
 ■エリオットの波■:(月足)では…新しい「上げの鼓動」の上昇第一波に入った可能性大
 ・2016年5月31日の17251.36円を抜き「上昇波動」の復活の可能性可能性が強まった
 >>:18500円を意識する動きに
 ■移動平均大循環理論■(5日‐25日‐75日移動平均ベース)
  https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
  ☆短期>中期>長期=【天井圏】維持・「帯」の幅も拡大
  >>:まるでトランポリンの上で跳ねているような動きが続く
  >>:久しぶりに日々線が5日線を下回る…18000円割れを試すか?
 ■騰落レシオ■>11月29日:(6日)=★165.06(25日)=★133.43(10日=★171.25・15日=★149.81)
  >>:移動平均線との乖離率・騰落レシオは「買われ過ぎ」明らか…調整当然だが(・・?
******
******
◎NY株式29日(NY時間16:21)…小幅高
 ・ダウ平均   19121.60(+23.70 +0.12%)
 ・S&P500    2204.66(+2.94 +0.13%)
 ・ナスダック   5379.92(+11.11 +0.21%)
 ・CME日経平均先物 18360(大証終比:+70 +0.38%)


  ◎強●弱対立…方向感なし
  ◎朝方発表になった第3四半期の米GDP改定値…予想以上の上方修正
  ●イランのザンギャネ石油相…イランは減産しない→OPEC総会への不透明感強める。


 <テクニカル>
 ■移動平均大循環理論■(5日‐25日‐75日移動平均ベース)
  https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
  ☆短期>中期>長期=トランポノミクス期待で「大底圏」から一気に【天井圏】へ
  >>:この【天井圏】はまだ入り口と思われる。
******
******
●NY外為市場:28日…乱高下
 *ドル・円*:1ドル=113円34銭まで上昇後112円27銭へ反落。
  (ドル買要因):強い経済指標→米国経済成長期待
   ▽7-9月期GDP改定値…2年ぶりの高水準に上方修正
   ▽11月消費者信頼感指数…9年ぶりの高水準…など
  (ドル売要因)
   ▼債券利回り低下
   ▼OPEC総会での減産合意後退…イランやイラクなどが生産調整に難色
   ⇒リスク回避の円買いが再燃
 *ユーロ・ドル*:1ユーロ=1.0565ドルから1.0650ドルへ上昇し1.0640ドルで引け。
  <欧州中央銀行(ECB)>
    ・伊の国民投票の結果で場が混乱した場合に緊急措置として一時的に伊国債購入の準備有
  →ユーロ売り一服。
 *ユーロ・円*:1ユーロ=119円48銭から119円98銭へ上昇
   ▽株式相場の回復に連れてリスク回避の円買い後退。
 *ポンド・ドル*:1ポンド=1.2457ドルから1.2526ドルへ上昇
 *ドル・スイス*:1ドル=1.0177フランまで上昇後1.0111フランへ反落


 [経済指標]
 【米国】
  ・7-9月期GDP改定値:前期比年率+3.2%>予想:+3.0%・速報値:+2.9%
  ・7-9月期個人消費改定値:前期比年率+2.8%>予想:+2.3%・速報値:+2.1%
  ・11月消費者信頼感指数:107.1>予想:101.3・10月:100.8←98.6
  ・9月S&PコアロジックCS20都市住宅価格指数
   >前年比+5.08%<予想:+5.20%・8月:+5.06%←+5.13%


 <テクニカル>
 ■移動平均線循環分析理論■
 *ドル円*(5日‐25日‐75日移動平均ベース)
  https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
 ☆短期>中期>長期=【天井圏】
 >>:107.50円を抜けたので糸の切れた「凧」状態…
 >>:昨日先週からの窓を埋める「大陰線」…仕切り直しへ
  ※現在の水準:112.40円(11月30日午前06時50分)
   ※本日(161130)予測レンジは…111.70⇔113.05
  ※週間(161128‐1202)予測レンジは…111.05⇔114.60
***********
***********
【懸念要因動向】 (■=更新)


■トランプ新大統領関係
 <トランプ氏>:ツイッター
  ・キューバが同国の市民やキューバ系米国人および米国全体のためになる優れた取引に応じるつ  もりがないならば…取引は打ち切る!!


■米国利上げ
 <パウエルFRB理事>:講演…12月利上げの期待を追認する内容
   ・利上げ根拠は11月2日のFOMC以降から明らかに強まった。
   ・インフラ支出は生産性押し上げる可能性。
   ・効果的な財政規制政策が必要。
   ・2大目標の到達にかなり近づいている。
 
■中国景気…成長率鈍化は明らか…人民元売り止まらず…今後の「売り」要因として注不気味
 ※強弱対立
 ◎人民元相場不透明感後退
  ▽中国人民銀行(中央銀行)…人民元対米ドル基準値を2日続けて元高方向に設定
  ⇒上海外国為替市場でも元高の動きが鮮明化…元安に伴う資金流出の懸念薄らぐ
 ◎根強い景気回復期待
  ▽京津冀(北京市・天津市・河北省)協同発展戦略の都市間軌道鉄道整備プロジェクト
  …当局許可(総投資額は2470億人民元(約3兆9800億円))
 ●不動産引締め強化…>28日:上海・天津が発表
 ◎市場活性化
  ▽両市場間の「相互乗り入れ」(両株式市場の相互取引)…12月5日スタート


■原油価格…値ぶれ大きいが安定目指す($40~$50/Bの安定目指す)
 >161129:急反落
 ◎NY原油先物01月限(WTI)(終値)*:1バレル=45.23(▲1.85 ▲3.93%)
  ▼OPEC総会(30日)…前日の専門家会合で減産に関して具体的な合意に至らず
  ▼最終的な減産合意への懐疑的な見方が一段と強まる→大きく下値を切り下げる。
  
 <イラン:ザンギャネ石油相>:イランは減産しない(OPEC総会を前に発言)
 <サウジアラビア>
   ・リビアとナイジェリアを除くOPEC加盟国の減産合意がなければ合意を破棄する用意がある
 <ノバク・ロシア・エネルギー相>:30日のOPEC総会に出席しない意向


  >>:1バレル$40~50近辺で動いていれば大騒ぎする必要はないだろう。
 
■欧州経済…英国EU離脱…長期戦へ+欧州金融不安再燃
 【ユーロ圏】
  <ECB>
    ・一時的にイタリア国債の購入を増やす用意がある。
    ・12月4日のイタリア国民投票の結果によって同国債利回りが急激に上昇する場合に備える。
  [経済指標]
   *ドイツ調和消費者物価指数・速報値(11月)*
    >前月比:結果±0.0%<予想+0.1%・前回+0.2%
    >前年比:結果+0.7%<予想+0.8%・前回+0.7%
   *ユーロ圏消費者信頼感・確報値(11月)*結果▲6.1=予想▲6.1・前回▲6.1
   *ユーロ圏業況判断指数(11月)*結果+0.42<予想+0.60・前回+0.56(+0.55から修正)
   *仏実質GDP・改定値(第3四半期:前期比)*結果+0.2%=予想+0.2%・前回+0.2%
 【英国】
  [経済指標]
   *英住宅ローン承認件数(10月)*
    ・結果6.75万件>予想6.5万件・(9月:6.36万件←6.29万件から上方修正)
     …今年3月以来の高水準
   ⇒英ポンド反発



□欧州金融不安…現れては消え、消えては現れる…潜在的リスク
 
■日銀追加緩和…政府経済対策をサポート(・・?
 [経済指標]
 *全国消費者物価指数(10月)*
 >前年比:結果+0.1%>予想±0.0%・前回▲0.5%
 >同:除く生鮮):結果▲0.4%=予想▲0.4%・前回▲0.5%


 (ETF買入状況)*:11月判明分 :11月29日現在
  ◎従来型ETFの買入実施 :01日=707億円 02日・09日・28日=各706億円
  ●従来型ETFの買入実施せず :07日・08日・10日 ・15日・16日 ・21日 ・24日・25日 ・29日
 
■BRiC’s…更なる成長への挑戦
>28日
 【ブラジル】ボベスパ指数=62855.50(前日比+2.11%)…大幅続伸
  ◎政情不安後退…テメル政権による構造改革などへの期待再燃
  ●成長見通し下方修正
   <ブラジル中央銀行>:最新調査(エコノミスト約100人対象)
    >2016年の成長予想:▲3.49%<(前回:▲3.4%)
    >2017年の成長予想:≦▲1%
   >29日
   *失業率(10月)*結果:11.8%<予想:11.8%:前回:11.8%
 【ロシア】MICEX指数=2094.65(前日比▲0.17%)…小幅続落
  ●30日のOPEC総会…市場が期待している以上の結果が出ないとの悲観的な見方
  ◎経済協力開発機構(OECD)…ロシアの成長予想を上方修正
  <OECD>成長予想:>2016年:▲0.8%(前回▲1.7%)>2017年:+0.8の%(+0.5%)
 【インド】SENSEX指数=26350.17(前日比+0.13%)…小幅続伸
  ◎インド準備銀行(中央銀行)…流動性不足の関連対策検討
   ・流動性不足は改善がみられている。・関連対策も検討している。
 【中国本土】上海総合指数=3277.00(前日比+0.46%)…3日続伸(今年1月6日以来の高値更新)
  ◎景気回復期待
  <国家統計局>:27日発表
   *工業利益(一定規模以上の工業企業):10月*+9.8%>9月+7.7%


■困った時の…【豪州】!!
 ◎現在の水準:84.05円(11月30日午前06時50分)
  ※本日(161130)予測レンジは…83.70⇔85.25
  ※週間(161128‐1202)予測レンジは…82.35⇔85.60
 [経済指標] 等
*****************************
*****************************
◆新規投信設定◆
 >2016/11/29 ファンド名/投信会社
・グローバル金融機関(G-SIBs)債券ファンド(為替ヘッジあり)2016-11/大和AM
・グローバル金融機関(G-SIBs)債券ファンド(部分為替ヘッジあり)2016-11/大和AM
****************************
****************************
<加藤の予測>
【当面見通し&方針:1511末時点】 (追加(6)・…訂正(4)&(3)…3回目)
(1)年初急落…持ち直しは年央以降…年末急伸
(2)日経平均は14000円(ちょい割れあり)から22000円
(3)ドル円は106円(ちょい割れあり)から125円(リスクは円高に)…160408
  訂正前:ドル円は110円(ちょい割れあり)から125円(リスクは円高に)
  訂正前:ドル円は113円(ちょい割れあり)から125円 (年央までなら120円)
  ★03月01日の時点で円高目処を112.30円→111.50円→110.90円 と算出…突破!!
  ★04月08日の時点で円高目処を108.00円→106.50円→105.20円と算出…突破 !!
  ★06月17日の時点で円高目処を103.44円→103.06円→102.27円と算出…突破!!
  ★06月27日の時点で円高目処を101.40円→ 99.00円→ 97.37円と算出
(4)反発のきっかけは「インフラ公共投資」の国際協調による推進を相場が認めること
    訂正前:「中国」の「本格的財政」出動を相場が認めること
(5)新興国関係は「腹を決めて」金利を取るに徹する(投信で言えば基準価額が20%下がったら
買い下がる)
(6)買い下がったもので利益が出たものは10%毎に利食い
*****************************
*****************************
※次回セミナー(2017年)は…


◎小田原 1月15日(日)午前中は「初心者」
 >1月15日(日) 
 (1)10:30‐12:00 ★投資の窓口(市場の流れがわかる基礎講座)…始めるならここから!! 
 (2)13:00-14:30 ★前向き!!投信ゼミナール!!@小田原8(八回目!!…末広がり!!)
 ・会場:小田原(おだわら市民交流センターUMECO…前回と同じです
 ・共催:(社)小田原ファイナンシャルプランナー協会
 ・定員:(1)15名(2)30名
 ・参加料:(1)・(2)とも…お一人様1,500円((1)・(2)両方参加の方は両方で2,000円)
 ※グループ(2人以上)割引・リピーター割引あり…お一人様1,000円…値上げお許しくださいm(__)m


◎新宿  2月04日(土)11時15分から12時45分 「前向き!!投信ゼミナール!!@5」
 ・会場:SOBIZGATES2階A会議室
 ・住所:東京都新宿区新宿5-11-2 SOBLD
 http://www.kaigi-room.com/build/access/c001346.php
 ・定員35名
 ・参加料:お一人様1,500円…値上げお許しくださいm(__)m


◎大阪  検討中…開催日は2月を予定しています…具体的ご希望あればお知らせください。


※随時受付中…
◎「受かるぞ!!FP」…2級・3級講座(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「受かるぞ!!証券外務員」…1種・2種(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「マーケット基礎知識」…初心者向け


>>上記 お申込み・お問い合わせは… mstb2021139@goo.jp もしくは future1139blue@yahoo.ne.jp まで
>>「ストリートアカデミー」 https://www.street-academy.com/steachers/62329
でもお申込みいただけます!!(除 セミナー)
・日程・時間はいかようにもアレンジ可能です。おひとりでもグループ(割引あり)でもお受けします

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。