加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【外為相場を考える:2】

【外為相場を考える2】
☆☆【外為相場を考える:1】で申し上げた通り!!☆☆
前回メルマガから…
◇ドル円は「ジリ高」へ…6月中に125円台…ワンタッチって感じでつけました(笑)
ただ…
⇔要因1:米国景気は減速を示す経済指標
⇔要因2:石油安で日本の経常収支は回復
⇔要因4:日銀は追加緩和見送り&FRBの早期利上げ期待は後退…実質金利差は縮小
∴ドル円は短期的には「調整」の可能性も…年内115円を見るかも…そこで「買える」か?(笑)
このシナリオは依然生きていることも忘れずに!!


◇ユーロ円は既に底打ちした可能性大!!
・2015年12月末までに135‐140円台定着…135円台回復!!


ここ一週間の動きをご覧いただければ…「読み通り!!」の展開です

今朝は「豪ドル」を考えましょう…

*豪ドル*
◆豪ドルの「憂鬱」
(1)ロシア…ユーロ圏との関係悪化→ロシア産天然ガス→中国へ
(2)中 国…成長鈍化&成長モデル変更(投資→消費)→資源需要伸び悩み
(3)アジア…燃料補助金削減(インド・インドネシアなど)→エネルギー需要抑制
(4)中南米…パナマ運河拡張(2016年第1四半期)
  →LNG運搬船通行可能に→米国産シェールガス→アジアへ
(5)米 国…シェール革命…米国産エネルギー供給増加
さぁて、困った…豪ドルは完全包囲された!!
でも、これって「豪ドル」が何度も潜り抜けた道で…
スティーブンスのおっさん(RBA総裁)の最も得意とするところだ
・豪ドル高牽制をする…利下げスタンスの継続を発信
・豪ドル高を抑えて内需を回復させ、通貨高に耐えうる経済を作る
実際に…
(1)今年に入って2回の利下げを実施…年2%の政策金利は史上最低
(2)更なる利下げに言及
但し、
・中国マネーの流入によりバブル化しつつある住宅市場を考えると利下げには限界も…
→市場は後一回の▲0.25%の利下げ→年1.75%の政策金利を織込み始めた
・豪10年国債の利回りは依然として相対的高水準を維持
→AAA格の国債として海外からの資本流入は継続…
つまり…
「資源国」としての優位性の後退は…
・確かに豪ドルの頭を抑えるものの
・大きく売り込むには下支え材料も多いってこと!!
⇒資源価格の下落があると88−90円はあるかも…但しここは「ガツン」と買い!!
⇒ドル円が円安に向かうことを考えると…1米ドル130円なら…1豪ドル=100円をイメージ
⇒これまでどおり、 年2−4%のトータル収益で満足できるなら…
「豪ドル債券関連の投信は『買い』対象!!」


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。