加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【思考回路:237】20180207

文責:☆彡緋色の龍[暁天雄飛] ☆彡237


・セミナー&検査入院で「大暴落」の二日間コメント書けず。
・セミナーご参加の皆さんは(特に大阪では下値も申し上げたので)
「やっぱり来たね」って感じでしょう(笑)
・さてさて…NYは買い戻しが始まった模様。
・主体性のない国内機関投資家は右往左往する一日になりそうです。
・「こんなに下がってるのに本部はなにも言ってこない!!」とのメール
多数…どこの本部でしょう?…まあ期待するだけ無駄なので(笑)
**************************************
【新春第1回:前向き!!投信ゼミナール!!】お申込み受付中!!


◎新宿・大阪…大盛況終了!!…ありがとうございました!!
◎ラスト小田原は17日!!今後の動向も読む!!


 「天気晴朗なれど波高し」
 ・2018年の相場を表す言葉でしょう。
 ・2017年04月に強気転換して8カ月…
 ・じりじりと上げてきた株式市場は
 「リスク」の荒波に揉まれそうです。
 ・再度のチャート分析も含め、新年「初唸り」です!!


 ☆前向き!!投信ゼミナール!!@小田原12…2018年02月17日(土)
 …午前中に入門編「投資の窓口」5あり
 場所:おだわら市民交流センター UMECO
  〒250-0011 小田原市栄町一丁目1番27号(小田原駅東口駐車場1階)
  TEL:0465-24-6611
 最寄駅:小田原駅から徒歩約2分 http://umeco.info/use/access/
 <1>投資の窓口@小田原5…「投資のリスク」・「代表的なアノマリー」
  ※知っておきたい「リスク」と知っておくと便利な相場の「ジンクス」
  時間:10時半~12時
 <2>前向き!!投信ゼミナール!!@小田原12
  時間:13時半~15時


 受講料<1><2>各1,000円・両方受講は1,500円
 
>>:お申込み・お問合せは…mstb2021139@goo.jpまで
***************************************
***************************************
【注目】
****************************************
【市場概況】:20180206
●国内株式市場●【大幅続落】
 *TOPIX*:終値=1743.41(前日比:▲80.33 ▲4.40%)
 *日経平均株価*:終値=2万1610円24銭 (前日比:▲1,071円84銭 ▲4.70%)
 ※2016年11月9日の米大統領選時以来の下落率
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 ●大幅に3日続落…全面安(東証1部の値下がり銘柄数…初めて2000を超えた。)
  ★米国株の暴落やボラティリティーの急上昇を警戒
  →投資家…リスク資産圧縮の動き強める。
  ※東証1部33業種…全面安。


 <アセットマネジメントOne:武内邦信シニアフェロー>:*B
  ・「『適温相場』だとして投資家の楽観が行き過ぎた反動が出ている」
  ・「米雇用統計での賃金上昇をきっかけとした長期金利上昇が今回の下落の発端。」
  ・「その後は…株価が下がれば下がるほどボラティリティーが上がり、それに伴って
  リスクパリティー運用手法による機械的な売りを呼び込む循環となっている。」
 >>:このひと旧DIMAではないだろうな(・・?
 >>:これは「パウエルFRB新議長に対する市場の「テスト」だ」と言えないかねぇ…


 【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
   ※移動平均線循環分析
    *日経平均:中期>短期>長期…陰線
     ★【下降トレンドへの移行期】→【下降トレンド】間近
     ★29日の三羽烏…下落相場への転換か? …結果これが的中
     ⇒【節分天井・彼岸底】の前倒し(・・?
     ★思わぬ円高⇔「円安なき株高」へのチャレンジは一旦終了か?
     ★ここに来て米長期金利上昇が「適温相場」の終了懸念へ
     ⇒市場はパウエル新FRB議長にこの件への対処を問うている!!
     ★参加者の「気迷い」状態 は依然強いことも判明
     ※「落ちるなら急落」:下値は直近「窓空き」の21,500円か? …来たぞ!!
     ※「切返すなら一段高」 の出現か(・・? …来るぞ!!
     ☆余りにも「飛びすぎ」…戻りは早いぞ!!
     ★「北朝鮮」動向は依然要注意
     ※米国景気堅調との両天秤が続く …今後はピークアウト焦点
     ☆下げたら買い変わらず (目処18850円)
     ★トランプ政権不安定化懸念でまだまだ高値波乱の様相も…
     ◆まだまだトランプ相場の「トランポリン」は続くだろう…
**************************************
※NY株式市場概況※【乱高下の末反発】
 <ペンス米副大統領>
  ・経済ファンダメンタルズは非常に強い状況続いている
  ・株価急落…単なる市場の上下動の可能性高い


 ・ダウ平均  24912.77(+567.02 +2.33%)
 ・S&P500    2695.14(+46.20 +1.74%)
 ・ナスダック   7115.88(+148.36 +2.13%)
 ・CME日経平均先物 22300(大証終比:+790 +3.57%)


 ◎ダウ平均…567ドル高と大幅に反発。
  ⇔米雇用統計後の急落を考慮すれば下げが一服したといった印象。
  >序盤…乱高下。
    ・前日の暴落の流れを引き継いで寄り付きは売りが強まる。
    …ダウ平均は一時567ドル安まで急落。
    →1月26日の高値から10%超下落。
  >寄り付きの売りが一巡後…急速に買戻し。
    ・序盤の乱高下が落ち着く中でダウ平均は前日の終値を挟んで荒い値動き
  >終盤…再び上げ幅を伸ばす動きに。
    ※VIX指数…ロンドン時間に50ポイント台まで上昇→30ポイント台まで低下。


  (市場のコンセンサス)
   ・先週の米雇用統計を受けて米インフレ懸念が高まっている。
   ・米長期金利の急上昇をきっかけに株式市場は大きく調整へ。
   ・但し…景気が曲がり角に入ったと見ている向きはほぼ皆無。
   ∴(この下げは)あくまで調整の範囲と見ている向きが圧倒的に多い。
   ⇔
   ・これまで株式市場を支えてきた低金利に修正が入る可能性を考えれば…
   しばらくは不安定な値動き続く可能性もありそう。


 【恐怖指数】VIXスポット(NY時間:16:09)
   ・スポット  29.98(▲7.34 ▲19.67%)


 【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0800
   ★NYダウは「中期」>「超期」>「短期」…一気に【下降トレンド】へ
   ※NYダウはどこかで調整するのでは(・・? …下値=21830目処
   >>:まだまだ下値はあるかなぁ…
   ◆「トランポリン」相場はまだまだ続く
**************************************
●NY外為市場概況● ■為替が一歩先に行く
 *ドル円*:買い戻し強まる。
  ※米株式市場にらみの動き…ダウ平均の動きに一喜一憂。
  ※米国債利回り上昇…基本的には米インフレ期待の高まりにサポートされている。
  ※世界的に株式市場が調整…円高の動きがドル円を圧迫
   >東京時間…日経平均の急落と伴に108.50円近辺まで値を落とす場面も
   >海外市場…買い戻しも膨らみ…109.60円近辺まで戻す。
  ※リスク回避の雰囲気はあるものの…先週の米雇用統計を受けたリバウンド相場の
  流れは残っている。
  →終盤になってダウ平均が上げ幅を伸ばすとドル円も上値追いの動きに。


 [経済指標:米国]
  *貿易収支(12月)*
   ・結果▲531億ドル<予想▲521億ドル・前回▲504億ドル(▲505億ドルから修正)


  【チャート】  https://kabutan.jp/stock/chart?code=0950
  ・長期(75日)>中期(25日)>短期(05日)
  【大底圏突入】 …反発の兆しから再び円高へ
   ★下値のペナントは「下抜け」か…!?
   >現在値:109.60
     ※本日予想レンジ=108.90円⇔110.20円
     ※今週予想レンジ=108.00円⇔110.85円


     ※米国利上げは下支えながら更なる115円超のドル買いには新規材料必要
     ※市場のコンセンサス
     (1)企業決算堅調も下支え材料に
     (2)経済データに注目しつつ…トランプ政権による税制改革などの行方を
      見極めるスタンス維持
     (3)「地政学的リスク」への懸念
     (4)「トランプリスク」
     ★「トランポリン相場」は続くだろう。
    
   *豪ドル円*:豪準備銀行ハト派姿勢で売り
    現在値=86.55
     ※本日予想レンジ=85.95円⇔86.95円
     ※今週予想レンジ=85.00円⇔88.00円
    <豪中銀政策金利>
     ・結果+1.50%=予想&現行
    <豪中銀声明>
     ・低金利が引き続き豪経済を支える
     ・経済成長に伴い少しずつ物価は上昇
     ・金融政策ポリシーに変化なし
     ・失業率の低下は徐々に進む
     ・将来的なインフレターゲットの達成に金利据え置きは合致している。
     ・物価は2018年には2%のやや上
     ・豪ドル高はインフレや経済成長の加速を鈍化させる可能性
     ・賃金上昇の鈍さは暫く続く
    [経済指標]
     *貿易収支(12月)*
      ・結果:▲13.58億豪ドル<予想▲2.00億豪ドル・前回▲6.28億豪ドル
     *小売売上高(12月)*
      >前月比 結果▲0.5%<予想▲0.2%・前回+1.2%
     *小売売上高(第4四半期)*
      >前期比 結果+0.9%<予想+1.0%・前回+0.1%
****************************************
<各国金融政策>
****************************************
【現在の懸念材料】
(1)米国動向
 ■トランプ政権
  <ムニューシン米財務長官>
    ・市場のボラティリティーを過度に懸念していない。
    ・ボルカールールは金融システムにリスクを引き起こしていない。
  <サンダース米大統領報道官>:NY株式市場の暴落につい
    ・米国の経済成長は勢いを増している。
    ・失業率は歴史的な低水準。
    ・米国の勤労者の賃金も上昇。
    ∴わが国の長期的な経済のファンダメンタルズは依然並外れて力強い。
    ・トランプ大統領が重視しているのは長期のファンダメンタルズである。
    ・トランプ大統領が推し進める税制改革と規制改革が米経済をさらに強め
    経済成長をより加速させていく。
 ■金融政策
  <ブラード・セントルイス連銀総裁>
    ・インフレ期待は強まっているがなお低水準。
    ・直近の雇用統計は良好な指標。
    ・雇用市場とインフレの関連性は崩れている。
    ・投資ブームを注意深く見ている。
    ・インフレ警戒が市場急落の一因につながった。
  <米下院金融サービス委員会>
    ・<パウエルFRB議長>:2月28日に議会証言を行う。
 ■経済指標
****************************************
(2)地政学的リスク(IS国のテロ「拡散」 ・北朝鮮の自爆)
***************************************
(3)中国動向
 ■景気動向
  *上海総合指数*:3446.98前日比▲33.85ポイント(▲0.97%)…4日続落
 ■金融政策
  <中国人民銀行(中央銀行)>:資金吸収継続
   ★9営業日連続でオペによる資金供給見送り。
   …ネットで合計1兆2700億人民元の資金を吸収
 ■市場活性化
 ■経済指標
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 ※主な「国家戦略」
  (1)稼働中…「国有企業改革」・「供給サイド改革」
     ※「混合所有制改革」…国有企業改革
     (中国聯合網絡通信集団(聯通集団)) (国有資産監督管理委員会)
     ※河北省の「雄安新区」設立
     …治水インフラ整備費⇒1000億人民元の予算投入
     ※「健康中国…国民の健康促進を目指す国家戦略     ※
  (2)繰上げ見込み
   「軍民融合発展」…軍事技術の民生利用と民間技術の軍事転用を計る


 ※市場対策
  「国家隊」…政府系の機関
     >今年第2四半期(4~6月)
      …深セン証券取引所のベンチャー企業向け市場「創業板」に大口資金投入
  「養老保険基金(年金基金)」(新規定)…運用スタート
***************************************  
(4)石米油価格動向
 >02月06日 【続落】
 ●NY原油先物03月限(WTI)(終値)●=63.39(▲0.76 ▲1.18%)
  ☆インフレ率の加速や金利上昇を警戒した米株安…一旦収まる→株安による圧迫止まる
  ★米週間石油在庫統計…原油在庫増加見通しが重しに。
  ※米原油在庫市場予想=前週比+300万バレル


  >:$40~50/バレル台で動いて入れば騒ぐ必要ない!! (どうせ談合市場だ)
  >>:どこかで調整が入る(米シェールの増産注意)
***************************************
(5)欧州動向 (含 欧州金融不安…消えては浮かぶタイマー付爆弾)
 ■ユーロ圏景気
  <バイトマン独連銀総裁>
   ・ユーロ圏は成長のお荷物から牽引役へと転じた
   ・しかし…全ての問題が解決したと考えることが最大のリスク
   ・特定の地域や経済セクターへのショックが波及するリスクある
   ・G20での協調など多国間の協力は機能している
   ・一部の国が多国間での合意に疑問を呈していることを懸念
 ■独政局
  <メルケル独首相>:大連立交渉…痛み伴う妥協の用意がある
   ★SPDとの大連立をめぐる協議…6日中に終了予定も7日まで延長
 ■金融政策
 ■南欧問題
 ■BREXIT  
 ■経済指標
  *ユーロ圏小売業PMI(1月)*
   ・結果:50.8…昨年8月以来の低水準<前回(12月):53.0
   ※独・仏・伊など個別国のデータでも前回から水準を下げている
  *独建設業PMI(1月)*
   ・結果:59.8…2015年以降で最高水準を記録>前回(12月):53.7
  *独製造業受注(12月)*
   >前月比:結果+3.8%>予想+0.7%・前回▲0.1%(▲0.4%から修正)
   >前年比:結果+7.2%>予想+3.1%・前回+9.1%(+8.7%から修正)
***************************************
(6)英国動向
 ■メイ政権
 ■BREXIT
 ■金融政策
 ■経済指標
*************************************** 
(7)国内動向
 ■景気動向 
  <安倍首相>
   ・実体経済は日米とも良好
   ・日々の株価の動きにコメント控える
   ・黒田日銀総裁を信頼
   …金融緩和政策を進めていただきたい
  <黒田日銀総裁>
   ・内外ともにファンダメンタルズはしっかりしている
   ・金融資本市場の動き十分に注意したい
 ■金融政策
  <黒田日銀総裁>
   ・政策運営方針全く変わりない
   ・物価2%目標達成は道半ば…強力な緩和粘り強く続ける。
   ・マネタリーベースの前月比減は事実。(政府預金変化などの季節要因)
  <ETF購入>
    >2018年02月06日
    ・従来型ETF=731億円(02月購入03回・総額2197億円)
    ・設備・人材投資企業支援関連ETF=12億円購入
     (02月購入04回=計48億円)
    ・J-REIT=12億円(02月購入03回=36億円)
   ※日銀のETF保有時価は20兆3千億円を超えている!!
 ■経済指標
****************************************
(8)新興国景気懸念…強いドルによる資金流出
 ※全体としての…☆サポート材料 ★懸念材料
 ☆中国経済指標堅調 ★★米トランプ大統領保護主義的通商政策 ☆石油価格安定


 【ブラジル】
  *失業率(12月)*:結果 11.8%<予想 11.9%・前回 12.0%
  *鉱工業生産(12月)*:結果+4.3%>予想+3.3%・前回+4.7%(前年比)
 【ロシア】
  <ロシア中銀総裁>:2月9日の利下げの可能性排除せず
 【インド】
****************************************
(9)仮想通貨対応
  <桑原日銀理事>:決済システムフォーラムであいさつ
  ・仮想通貨はリスク説明や安全対策実施が必要
  ・投資家はリスクをしっかり認識する必要
****************************************
【今週の新規投信設定】 火曜日に掲載
****************************************
※随時受付中…
◎「受かるぞ!!FP」…2級・3級講座(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「受かるぞ!!証券外務員」…1種・2種(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「マーケット基礎知識」…初心者向け


 >>上記 お申込み・お問い合わせは…future1139blue@yahoo.ne.jp まで
 >>「ストリートアカデミー」 https://www.street-academy.com/steachers/62329
 でもお申込みいただけます!!(除 セミナー)
・日程・時間はいかようにもアレンジ可能です。おひとりでもグループ(割引あり)でもお受け
します!!
 ************
 ************
※加藤の夢…もう一度「東京フォーラム」でセミナーを!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。