加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【昨日のマーケット:151117】

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□:第101号
*********************
>みなさん!! こんにちは!! 加藤です!!
*********************
・昨日は、東京国際フォーラムへモーニングスター社のセミナーへ…
・平日とはいえ、500名近い参加者…やはり「迷える子羊」はまだまだ多いようです。
・朝倉社長の基調講演を聴いて帰りましたが、ここでも「コア」運用の大切さが強調されていました。
・間違いではないと思うけれど…「迷える子羊」たちの聞きたいとことは微妙にズレてるような気も…
・もう一度、あのステージに立ちたい…と思った時間でもありました(笑)
*********************
※ご注意ください!! 
・本ブログの情報は…
 信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいておりますが、
 今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願い致します。 
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版からの引用コメントです
*********************
>11/17 東京時間
*********************
08:21
>外資系証券経由の注文状況<200万株売越…2営業日ぶりの売越
  ・買注文+1350万株・ 売注文▲1550万株
 ⇒外国人投資家は「売り」から入った…
09:30~
>金融政策<
 【豪州】<豪中銀議事録>
 ・金融政策
  「インフレ見通しで政策緩和の余地生じる可能性 」
   …理事会メンバーは金融政策は緩和的である必要と判断
 ・景気
  「景気回復見通しがやや強まっている」
  …豪ドル相場の調整が国内生産需要を支えている
 ・雇用
  「経済資源のゆるみはしばらく続きそうだ」
 ・資源価格
  「鉱業投資の下落は2017年末まで続きそうだ」
 ・アジア経済
  「アジア経済の低迷は予想以上に続く見込み」
⇒豪ドルは「買い」で反応
15:36
>国内株式市場概況<
・TOPIX       1586.11(+14.58 +0.93%) ・ 日経平均   19630.63(+236.94 +1.22%)
・東証マザーズ     789.26(+5.58 +0.71%)  ・ジャスダック      112.87(+0.68 +0.61%)
・東証REIT指数  1732.17(+14.21 +0.83%)
▽日経平均株価:3営業日ぶりの反発
・取引時間中には上げ幅を340円に近づけ8月21日以来の高値を付ける場面も
・パリ同時テロで心理は悪化するとみられていたが…
 ・昨晩の欧米株は上昇→東京市場やアジア全般でも買い安心感が広がる


<ビスタマックス・ファンド・アドバイザーズ:藤原正邦代表取締役>:*B
 ・仏テロ後の海外株式の堅調とこの日反発した日本株動向について
  「ある程度市場で調整があった後に起きた事件で高値で起きたわけではない」
  「よって売り込む材料にもされなかった」
 ・当面見通し
  「国内市場は企業決算が終わり…内需を中心に業績の堅調さを確認した」
  「バリュエーションの高さなどに懸念が残る」
  「当面の相場は…やや行ったり来たりな展開になりやすい」
 ⇒なにか、運用担当者として大事なことを見落としてないか…?
※経済指標補足
【中国】
<中国人民銀行(中央銀行)>:16日
*国有大手4行(中国工商銀行や中国建設銀行など)・10月貸出残高
 発表:35兆6900億元(約714兆円)…前月比▲656億元
 >外国メディア
   「貸出残高の減少額は2009年以来」 「景気減速が予想以上に進んでいる可能性がある」
   「銀行が景気の先行きや貸出資産に対して慎重な姿勢を維持していることが伺える」
*今年7-9月期:国有大手4行
 ・増益率は1%以下に留まる&4行とも不良債権比率の増加圧力にも直面
<中国銀行業監督管理委員会(銀監会)>:12日
*今年1-9月:市中銀行
・増益率は前年同期の13%から2%に急激に縮小
 …貸倒引当金の増加・利ざやの縮小・資金需要不足などが利益率を圧迫
*********************
>11/17 アジア→欧州時間
*********************
18:30
>経済指標<【英国】10月:消費者物価指数(10月)18:30
>前月比:結果+0.1%=予想+0.1%・前回▲0.1%
>前年比:結果▲0.1%=予想▲0.1%・前回▲0.1%
>同コア :結果+1.1%>予想+1.0%・前回+1.0%
19:00
>経済指標<【独逸】11月:独ZEW景況感指数
・結果 10.4>予想 6.0・前回 1.9
19:15
>アジア株式市場概況<
・中国上海総合指数   3604.80(-2.16 -0.06%)…一時3カ月ぶり高値で利食い
・豪ASX200指数      5118.24(+114.43 +2.29%)
・インドSENSEX30種   25859.77(+99.67 +0.39%)
▽17日のアジア株式市場で主要指数は総じて上昇
∵週末のパリ同時テロを受けても昨日の欧米株は買われた…アジア市場でも買い安心感広がる
*********************
>11/17 欧州→NY時間
*********************
22:30~
>経済指標<
【米国】
*消費者物価指数(10月)
>前月比:結果+0.2%=予想+0.2%・前回▲0.2%
>同コア :結果+0.2%=予想+0.2%・前回+0.2%(除:食品エネルギー)
>前年比:結果+0.2%>予想+0.1%・前回+0.0%
>.同コア:結果+1.9%=予想+1.9%・前回+1.9%(除:食品エネルギー)
23:15
*鉱工業生産(10月)>前月比
・結果▲0.2%<予想+0.1%・前回▲0.2%
*設備稼働率(10月)
・結果 77.5%=予想 77.5%・前回 77.7%(77.5%から修正)
24:00
*NAHB住宅市場指数(11月) 
・結果 62<予想 64・前回 65(64から修正)
>欧州株式17日終値<
・英FT100   6268.76(+122.38 +1.99%) ・ 独DAX  10971.04(+257.81 +2.41%)
・仏CAC40  4937.31(+133.00 +2.77%)
<MPPM:ギレルモ・ヘルナンデス・サンペレ>
 「ユーロ安に加えて原油価格がバレル当たり40ドルを超える水準で維持したことが
 相場上昇を支えた」
 「ユーロ安が欧州企業の追い風となると常に指摘してきた」
 「過去数カ月の市場混乱で投資を控えてきた投資家らは…
 年末に向けた相場上昇の機会を逃したくないだろう」
06:00
>経済指標<
【米国】
*対米証券投資(9月)結果 336億ドル>前回 208億ドル(204億ドルから修正)
06:30
>NY株式17日(NY時間16:25)<
・ダウ平均   17489.50(+6.49 +0.04%) ・S&P500    2050.44(-2.75 -0.13%)
・ナスダック   4986.02(+1.40 +0.03%)
・CME日経平均先物 19835(大証終比:+155 +0.78%)
▽ダウは横ばい
・寄り付き前のウォルマートやホーム・デポの決算発表>予想&見通しも力強い内容
 …ドル高も小売セクターにとっては仕入れコストの低下に繋がり利益を押し上げ
…米個人消費の堅調さを反映した格好
⇔ 
・ダウ平均は一時116ドルまで上昇したものの…
 ・利上げへの警戒感が根強い
 ・原油が再び40ドル台に下落→石油関連株下落
…後半は失速
<リッジワース・インベストメンツ:シニアストラテジスト;アラン・ゲイル>:*B
 「前日の騰勢が失われている」
 「相場が一息つき…前日の終値とほぼ同水準でもみ合う展開となったのは明るい兆しだ」
 「注目を集めがちな地政学的な不安は決して終わることがない」
 「しかし…マクロ経済面では12月の連邦公開市場委員会(FOMC)会合に市場の注目が
 集まっている」
*********************
>11/17 加藤私見
*********************
>「注目を集めがちな地政学的な不安は決して終わることがない」
・この一言が自ら言えるかどうかが運用担当者としての資質を物語る…と思う
>そして…
・日本の景気は史上2回めて2年連続のGDP成長率マイナスになる可能性が…
⇒悪材料に目をつぶって上げた相場ほど「咎め」は大きい…と再度確認しておく

【昨日のマーケット:151116】意外

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□:第100号
*********************
>みなさん!! こんにちは!! 加藤です!!
*********************
・100号まで来ました!!
・体力・気力続く限り…頑張ります!!(笑)
*********************
※ご注意ください!! 
・本ブログの情報は…
 信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいておりますが、
 今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願い致します。 
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版からの引用コメントです
*********************
>11/16 東京時間
*********************
08:50
>経済指標<
*実質GDP・1次速報値(第3四半期)
>前期比:結果 ▲0.2%<予想 ▲0.1%・前回 ▲0.2%(▲0.3%から修正)
>同年率:結果 ▲0.8%<予想 ▲0.2%・前回 ▲0.7%(▲1.2%から修正)
*GDPデフレータ・1次速報値(第3四半期)
>前年比:結果 +2.0%>予想 +1.7%・前回 +1.5%
<甘利経済再生相>
「景気は緩やかな回復基調が続いている」
「 景気は緩やかな回復に向かうことが期待される」
★2四半期連続のGDPマイナスは「景気後退局面」入りとみるのが普通だが…
15:40
>日本株概況<:パリ同時テロ受けて続落
・TOPIX        1571.53(-14.30 -0.90%) ・日経平均    19393.69(-203.22 -1.04%)
・東証マザーズ    783.68(-4.30 -0.55%)  ・ジャスダック    112.19(-0.70 -0.62%)
・東証REIT指数   1717.96(-3.40 -0.20%)
▼日経平均株価:続落
・寄り付き直後には下げ幅は一時350円に迫る
・先週末にフランスのパリで同時テロが発生…リスク回避的に株売りが入る
・先週金曜日の欧米株安も重し+為替が円高に進む
→幅広い銘柄に売り
・朝方発表されたGDP<予想…2期連続のマイナス成長→日銀追加緩和期待の買いも…
・アジア株全般の下落も重し。
<しんきんアセットマネジメント投信:藤原直樹運用部長>:*B
 「パリの事件は「寄り付きでだいぶ織り込んだ」
 「為替がある程度落ちついた推移となったため下落幅を縮める動きになった」
 「空運株に関しては出張などが抑えられたりするだろう」
 「とりあえず分かりやすいところからみるとこうした業種が警戒される」
 →哀しいけれど、「値動きがあればいい」という典型の発言だ…部長かぁ…
*********************
>11/16 アジア→欧州時間
*********************
18:40
>中国株式市場(本土)<
・中国上海総合指数  3606.96(+26.12 +0.73%)
>16日:アジア株式市場…上海とインドを除いて下落
∵先週末の欧米株安&週末のパリ同時テロを嫌気
*上海株…下落して始まったものの取引後半にかけてプラスに切り返し→本日高値圏で終了
▼売り要因:
・上海とシンセンの両証券取引所が信用取引の証拠金比率を引き上げ→資金流出懸念が重石
▽買要因
・人民元のSDR採用期待
*インド株…先月半ばからの下落基調の反動→1ヵ月半ぶりの安値を付けたあとは反発
19:00
*ユーロ圏消費者物価指数(10月)
>前月比:結果 +0.1%=予想 +0.1%・前回 0.2%
>前年比:結果 +0.1%>予想 +0.0%・前回 0.0%
          (確報値)
*********************
>11/16 欧州→NY時間
*********************
22:30
>経済指標<
【米国】
*NY連銀製造業景況指数(11月)
・結果 ▲10.74<予想 ▲6.50・前回 ▲11.36
 …10月比改善も4カ月連続マイナス
00:40
【G20首脳会合閉幕】(トルコ)…一時的な財政再建より成長優先を容認
<首脳宣言>
・テロ根絶に向けた国際協調を明記
・経済分野…世界経済の回復維持のため各国の成長戦略実施を最優先事項に
 ・2018年にG20全体の成長率を2%底上げする目標の達成に向けあらゆる措置を取ることで合意
  …一時的な財政再建よりも成長を優先することを容認
  …米利上げを念頭に金融政策の変更は注意深く実施し市場との対話を行うことを求める
  …通貨安競争の回避することも再確認
・各国の成長戦略を明記した「アンタルヤ行動計画」を策定
  …インフラ投資や中小企業支援など国別の投資戦略を取りまとめ
・G20とOECDが策定したグローバル企業の課税逃れ対策も支持
01:00
>要人発言<
<プラートECB理事>
 「今回のパリのテロは経済の信頼感を弱める可能性がある
「テロは回復が鈍いユーロ圏経済の信頼感へのリスクを高めた]
 「リスクを注意深く監視。この手のリスクは通常であれば一時的に留まる」
02:30
>欧米株式市場<
欧州株式16日終値
英FT100  6146.38(+28.10 +0.46%)  独DAX  10713.23(+4.83 +0.05%)
仏CAC40  4804.31(-3.64 -0.08%)
<サクソバンク:プライベートバンク部門(CIO);タイス・クヌートセン>:*B
 「誰もが極めて落ち込んでいたのは明らかだが市場の反応はかなり穏やかだった」
 「こうした地政学的な衝撃が経済に重大な影響を与えるかが真の問題だ」
 「そうならない場合…影響は極めて短期にとどまる傾向があるというのが歴史の教訓だ」
→さて…どうなのか?
05:50
>NY原油先物概況<:一時40ドル割れ試すも反転
・NY原油先物12月限(WTI)(終値):1バレル=41.74(+1.00 +2.45%)
・ブレント先物1月限(ICE)(終値)  :1バレル=44.56(+0.09 +0.20%)
▽反発
・市場は複数回に渡って40ドル割れにトライ…強固にサポート∴ショート勢が一気に買戻しを強める
<みずほセキュリティーズUSA:先物部門ディレクター;ボブ・ヨーガー>:*B
 「投機家らが底を探っている」「売りが一段落したら投機の買いがすぐに入ってきた」
>NY金先物概況<:パリのテロ発生…逃避買い需要高まる⇔戻り売りも強い
・NY金先物12月限(COMEX)(終値):1オンス=1083.60(+2.70 +0.25%)
▽反発
(買要因):パリの同時多発テロの発生…金への逃避買い需要高まる
(売要因):12月の米利上げに対する警戒
<BMOキャピタル・マーケッツ:商品トレーディング担当ディレクター;タイ・ウォン>:*B
 「13日にパリで起きた悲惨な事件を受けて金は安全への逃避で上昇した」
 「しかし買い手はそのほとんどを手放し小幅高にとどまった」
 06:30
>NY株式市場概況<【パリ同時テロに落ち着いた対応】
NY株式16日(NY時間16:20)
・ダウ平均   17483.01(+237.77 +1.38%) ・S&P500    2053.19(+30.15 +1.49%)
・ナスダック   4984.62(+56.73 +1.15%)
・CME日経平均先物 19700(大証終比:+290 +1.48%)
▽反発
・米利上げに向けた調整の動きから売り先行で始まる⇔きょうは押し目買いが強い
・パリの同時テロの影響…市場は落ち着いた対応
・原油が反転…石油関連株の上昇もダウをサポート
<インスティネットの市場テクニシャン:フランク・カッペレリ>:*B
 「過去2週間、株価はずいぶん下落した」
 「そのためそれほどネガティブな反応は見られないかもしれない」
 「相場が高値に1%内に迫っていた2週間前にパリ同時テロが起こっていたら
  状況はひどかっただろう」
*********************
>11/16 加藤私見
*********************
・なにか、昨日は世界中で「気持ち」と異なる動きをした人が多かったような気がする
・あのしつこい原油先物の買いはなにを意味しているのか?

【欧州同時多発テロ】

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□:第99号
*********************
>おはようございます
>もう、11月も中旬過ぎ…
・去年の今頃は、銀行退職を控えて…
・お客様に「お別れ」の挨拶をしながら全国をセミナーで回っていました…
>週末に起きた欧州での同時多発テロ…
・周到に計画された犯行に、宗教組織の底知れぬ不気味さを感じます。
・今回は、欧州同時多発テロについての見方をフォローしておきます。
*********************
※ご注意ください!! 
・本ブログの情報は…
 信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいておりますが、
 今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願い致します。 
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版からの引用コメントです
*********************
*:n 日経電子版の要約
>今週(16~20日)の日経平均株価
★軟調な展開か
∵(1)16日に発表される7~9月期の国内総生産(GDP)速報値がマイナス成長となる可能性*1
∵(2)フランスのパリで発生した同時テロ…投資家心理が冷え込む一因に*2
∴日経平均株価はいったん1万9000円台前半まで押し戻される可能性が高そう…
 ・日本株…前週は世界的な株安に逆行して上昇⇒「利益確定」の売りが出やすい環境強まる
*1:<内閣府>:16日発表
*7~9月期:GDP速報値…2期連続のマイナス成長となる公算大⇒景気に対する警戒感が高まりやすい。
*2:仏同時テロ(13日夜)
・直接の経済的な影響は見極めにくい
・地政学的リスクの高まり⇒株式の運用リスクを避ける動きを促しそう
◇相場の下支え役
・根強い政策期待
 ・補正予算による政府の経済対策への期待
 ・18~19日:<日銀>「金融政策決定会合」…週前半は追加の金融緩和観測から売り込みにくい地合いになりそう
*********************
  >加藤私見
*********************
>うーん。
・基本的に僕はみなさんご存知のとおり「常に前向き」ではあるが…
・日経電子版の見方は、「楽観的」すぎるのではないかなぁ…
・厳戒態勢をひきながら、まんまと実行されたテロ…
・犯行集団のネットワークの深さはあまりに不気味だ…
・海外の投資家は、とてもリスクオンにはできないだろう…
・なぜなら…「次は米国ではない」「次は日本ではない」「次は中国ではない」と誰が言えるか?
・トルコで行われているG20で「強いテロ対策」が打ち出される必要がある…
・NY同時多発テロの時の世界各国の対応が基準になるだろう…
>週初は大波乱があり得る
・たとえ下がっても、「テロ対策」を確認するまでは買えない
・日経平均は17500円割れを覚悟しておく
・ドル円は120円を割り込む
>年末に向けて 買い方・売り方以外の「起こってほしくない」要因が加わった
・ある意味「ナイフは再びテーブルから落ちた」
・国際協調という「強い手」でなければこのナイフは掴めない…
>杞憂であることを祈るが…