加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【昨日のマーケット:151106】どうする⁉ジャネット‼

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□:第94号
>みなさん!! こんにちは!! 加藤です!!
<財務省>
*対外・対内証券投資の状況* (10月25日~10月31日)
●対外証券投資
・株式:+1730億円・中長期債:+8828億円・短期証券:▲1151億円
・合計:+9407億円
〇対内証券投資
・株式:+1871億円・中長期債:+7105億円・短期証券:+5721億円
・合計:+1兆4698億円
…この数字を見る限り対内・対外とも投資意欲は堅調なのだろう
*****************
※ご注意ください!! 
・本ブログの情報は…
 信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいておりますが、
 今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願い致します。 
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版からの引用コメントです
******************
>11/06 東京時間
******************
・09:30
【豪州】<豪中銀>
>2015年:GDP成長率見通し=年率平均2.25%(従来2%-3%)
>2016年:第2四半期CPI見通し=1.5%-2.5%(従来2%-3%)
「これまでの利下げと豪ドル安が経済成長を支えている」
「需要を支えるために必要ならば緩和策を進める」
「豪ドル相場は商品相場安に沿って調整しつつある」
⇒やや豪ドル売り…(下値固めていると判断!!)
・13:00-14:00
【日本】<日銀>
<黒田日銀総裁>:会見
・量的・質的金融緩和は所期の効果を発揮している…誰もそう思ってませんが…
・2%の物価目標は必ず達成できる…誰もそう思ってませんが…
・達成時期は原油相場動向に左右される…だとすると、ますます厳しいけど…
・必要と判断すれば躊躇なく対応…まあ、言うだけは言えるな…
・量的・質的緩和は物価だけ引き上げるだけの政策でない…株価上げる政策だもんなぁ…
・賃金上昇率が十分高まらない場合は物価の下振れリスク…格差是正は?
・中国経済のハードランディングの可能性は薄い…これは正しい
・政策手段に限界ない!!
⇒要人発言に反応薄と切り捨てられてしまった・・・(笑)
14:00
【日本】>経済指標<
*景気先行指数・速報値(9月) ・結果 101.4<予想 101.8 前回 103.5
*景気一致指数・速報値(9月) ・結果 111.9<予想 112.1 前回 112.2
15:45
【日本】>株式市場終値<
・TOPIX      1563.59(+8.49 +0.55%) ・日経平均   19265.60(+149.19 +0.78%)
・東証マザーズ  788.86(+8.78 +1.13%) ・ジャスダック   110.75(+0.62 +0.56%)
・東証REIT指数 1715.92(-1.82 -0.11%)
*日経平均株価:3営業日続伸…8月21日以来の高値引け
∵(1)対ドルでの円安基調(2)企業業績期待(3)安倍首相:法人税引き下げ+補正予算
⇒先物に買いが入り一段高に
※東証1部:売買代金=2兆4248億円…郵政3社が反落したこともあり過熱感一服
< DIAMアセットマネジメント:坪田好人上席ポートフォリオマネジャー>
「米利上げの影響への不透明感があったが…
               肝心の米国がリバウンドに入り、安心感が出てきた」
「利上げにより円安に進む可能性があり…相対的には日本株はゆっくりと上がる」
******************
>11/06 アジア⇒欧州時間
******************
16:00
【独逸】
*鉱工業生産(9月)16:00
>前月比 結果▲1.1%<予想+0.5%前回▲0.6%(▲1.2%から修正)
>前年比 結果+0.2%<予想+1.3%前回+2.7%(2.3%から修正)
17:00
【中国】>本土株式市場<
▽上海総合指数 3590.03(前日比+67.21 +1.91%)
            …3日続伸→約2カ月半ぶりの高値水準切上げ
∵政策期待が支え
・くすぶる国内景気の先行き不安
 …当局が財政出動を含む刺激策を打ち出すとの観測強まる
・<中国工業和信息化部(工業情報化部):苗墟部長>:5日
「中国は2016年に33項目の産業育成計画を打ち出す予定」
 ・ハイエンド設備製造の推進・戦略性新興産業の育成
 ・従来型産業の技術グレードアップなど
18:30
【英国】>経済指標<
*鉱工業生産(9月)
>前月比:結果▲0.2%<予想▲0.1%前回+0.9%(1.0%から修正)
>前年比:結果+1.1%<予想+1.3%前回+1.8%(1.9%から修正)
*製造業生産高(9月)
>前月比:結果+0.8%>予想+0.6%前回+0.4%(0.5%から修正)
>前月比:結果▲0.6%>予想▲0.7%前回▲0.9%(▲0.8%から修正)
*商品貿易収支(9月)
・結果▲9351百万ポンド>予想▲10600百万ポンド前回▲10786百万ポンド
                                  (▲11149百万ポンドから修正)
******************
  >11/06 欧州→米国時間
******************
22:30
【カナダ】>経済指標<
*雇用者数(10月)結果 44.4千人< 予想 10.0千人前回 12.1千人
*失業率(10月)  結果    7.0%<予想    7.1% 前回     7.1%
*住宅建設許可(9月)
>前月比:結果▲6.7%<予想+1.5%前回▲3.6%(▲3.7%から修正)
22:30
【米国】>経済指標<
*非農業部門雇用者数(10月)…10カ月ぶりの大幅増
・結果 271千人>予想 185千人 前回 137千人(142千人から修正)
                       8月 153千人(上方修正)
 ※2015年1月~10月 平均増230千人>200千人(好調目安)
*失業率(10月)…2008年4月以来の水準
・結果 5.0%=予想 5.0% 前回 5.1%
*平均時給:25.20ドル
>前月比:結果 0.4%>予想 0.2% 前回 0.0%
>前年比:結果 2.5%>予想 2.3% 前回 2.3%(2.2%から修正)
02:30
【欧州】>株式市場終値<
・英FT100  6353.83(▲11.07 ▲0.17%) ・独DAX 10988.03(+100.29 +0.92%)
・仏CAC40 4984.15(+4.11 +0.08%)
▽上昇
∵予想以上に好調な米雇用統計→米金融当局による年内利上げの公算高まる
  →ユーロ下落⇒ユーロ圏の輸出関連企業に買い集まる
<ミラボー・セキュリティーズ:シニア株式トレーダー;ジョン・プラサード>:*B
「イエレン議長は今や12月に利上げすると確信される」
「市場はさらなる利上げを見込んでいる」
「米国経済が堅調だという証拠に逆らうことはできない」
「ユーロ安は輸出関連、とりわけドイツ経済にとって追い風になる」
…そして…
【強い米雇用統計で12月利上げ期待高まるも金融株の上昇がサポート】
NY株式6日(NY時間16:27)
・ダウ平均   17910.33(+46.90 +0.26%) ・S&P500  2099.20(-0.73 -0.03%)
・ナスダック   5147.12(+19.38 +0.38%)
・CME日経平均先物 19480(大証終比:+220 +1.13%)
▽ダウ平均は小反発
>米雇用統計…予想を遥かに上回る強い内容→市場は12月の米利上げ期待高める
・株式市場にとっては利上げは短期的にマイナス要因…売り先行
 ⇔銀行株や証券株の上昇が指数を支える
 ∵債券市場=利回り上昇…市場の動きに方向感が出る…金融株にとってはプラス材料
<LPLファイナンシャル:チーフ経済ストラテジスト;ジョン・カナリー>
「12月の利上げに備える必要がある」
「12月利上げの確率は… 
  ・それまでに何か非常に悪いことが起こらない限り…90%台前半まで上昇するだろう」
「経済に弱い部分は全くない」「状況はあらゆる面で引き締まりつつある」
******************
******加藤私見*******
>本日は、株よりも為替と債券だろう…
・先月の「雇用統計」で利上げは来年とたかをくくった連中が大慌てをしたのが
 目に見えるようだ…
07:00現在
>為替
 ・ドル円 123.04 ・ユーロ円 132.16 ・ポンド円 185.17 ・豪ドル円 86.66
 ・カナダドル円 92.49 
 ・ブラジルレアル 対米ドル 3.77033 対円 32.63
 ・トルコリラ円 42.421
>繰り返す…「おばちゃん」が決断すれば…
・「わかりやすいもの」と「見捨てられ売り込まれたもの」に資金は流れる!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。