加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【昨日のマーケット:151109】溜まるマグマ

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□:第95号
>みなさん!! こんにちは!! 加藤です!!
・日曜日の朝、高速バスで大阪に行きました…
・料金は新幹線の半分弱!!…その代わり時間は3倍強…時は金なり?(笑)
・現役時代なら、絶対にできなかったな…
・目的は「心臓」の定期検査…とりあえず「心筋梗塞おこした心臓としては上々の動き」でした(笑)
・今年の4月に異常が見つかり再手術してるので来年の4月には術後検査でまた入院のようです…
・一生お付き合いする覚悟はできてます…お若いみなさん!!くれぐれもご注意を!!
>さて、マーケットですが…
 「ドル円・日経平均株価・上海総合指数は…8月半ばの急落する前のレベルまで戻している」
 「一段高にはここが踏ん張りどころ」
・この言葉が、市場参加者の想いでしょう。
・結局、中国も米国もなんとかなりそうだ…
・日本も、力づくでも景気を支えそうだ…
・この見方を 買い方はプラスと捉え、買い上げるチャンスを待ち、
・売り方は、「そうでない」材料を見つけて局地戦で売りを仕掛ける…
・どちらも「マグマ」を溜めている感じ…
・チャートをみても・・・短期的には上抜けしそうも長期的には抵抗も重そう…
・双方にらみ合いの年末相場が始まった…
・どちらが、先に仕掛けるか?
>個人的には・・・年末は上に行きそうの思うが…
*****************
※ご注意ください!! 
・本コミュの情報は…
 信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいておりますが、
 今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願い致します。 
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版からの引用コメントです
******************
>11/09 東京時間
******************


>日本株概況<:日経平均4日続伸…強い米雇用統計を好感
・TOPIX       1590.97(+27.38 +1.75%)    ・ 日経平均   19642.74(+377.14 +1.96%)
・東証マザーズ   782.56(-6.30 -0.80%)         ・ジャスダック    111.38(+0.63 +0.57%)
・東証REIT      1710.72(-5.20 -0.30%)
▽*日経平均…終値は8/20以来の高値水準
∵米雇用統計
・予想外に強い結果→年内利上げ機運高まる
 →ドル円相場上昇
 →米株…強い米経済動向を好感して上昇(⇔米利上げは株式市場へのリスク材料)
⇒外部環境は良好
▽米国利上げ…米国景気の継続的拡大期待が高まるなかでのこの株高はムードの
           強さを物語る…
∴商いは比較的活発
※東証1部:売買代金=2兆9983億円:出来高=25億1472万株
<T&Dアセットマネジメント:山中清運用統括部長>:*B
 「米国の利上げが現実味を帯びてきた」
 「利上げがいつ行われるか、影響がどうなるかという懸念が市場にあったが…
            長い間繰り返してきたことで消化し…山を越えられる感覚が出てきた」
 「現在の円安基調が続けば…日本株も「しっかりした相場展開になるだろう」
>ドル円も123円台で値固めへ…
<大和証券金融市場調査部:亀岡裕次チーフ為替アナリスト>:*B
 「今週末には米小売売上高が発表されるが…
           また数字が強ければ一段と12月の利上げの可能性が高まる」
 「今週中は米金利並びにドルは割と堅調ではないか」
 「先行きについては…
  ・一段と米金利とドルが上昇した時に米国株がどうなるかというところがポイント」
…さて125円台はあるのか?…大統領選の本格化を忘れないように!!
******************
>11/09 アジア→欧州時間
******************
>経済指標<
【ドイツ】
*貿易収支(9月)16:00
 結果+229億ユーロ:予想+200億ユーロ:前回+154億ユーロ
                           (+153億ユーロから修正)
*ドイツ経常収支(9月)16:00
 結果+251億ユーロ:予想+219億ユーロ:前回+133億ユーロ
                           (+123億ユーロから修正)
<OECD経済成長見通し>:世界経済成長率を下方修正
・2015年:世界経済成長率予測は2.9%(前回3.0%)
・2016年:世界経済成長率予測は3.3%(前回3.6%)
・2015年米国経済成長率予測は2.4%…2016年は2.5%
・2015年ユーロ圏経済成長率予測は1.5%…2016年が1.8%
******************
>11/09 NY時間
******************
>でNYはこうなる…
【中国や世界経済への懸念でダウは18000ドル前に足踏み】
NY株式9日(NY時間16:21)
・ダウ平均   17730.48(-179.85 -1.00%)  ・S&P500    2078.58(-20.62 -0.98%)
・ナスダック   5095.30(-51.82 -1.01%)
・CME日経平均先物 19470(大証終比:-150 -0.77%)
▼ダウ平均:大幅反落
∵(1)先週の強い米雇用統計…12月の米利上げ期待が高まる
   ∴ダウ平均は18000ドルの大台を目前に足踏み状態
∵(2)日曜日発表…中国の貿易統計…輸入減少続く⇔黒字は過去最高水準
   ※景気刺激策への期待は高まってはいるがポジティブな印象なし
∵(3)OECDが2015年の世界経済の見通しを下方修正
∵(4)原油の戻り売り続く…エネルギー関連株下落
∵(5)先週は買いが強まっていた金融株もきょうは一服
<ボストン・プライベート・ウェルス:チーフ・マーケット・ストラテジスト;ロバート・パブリク>
 「市場は週末の間にじっくり考えて…
       ・12月に金利が引き上げられるかもしれないとの実感が湧いてきたようだ」
 「0.25ポイントの利上げが必ずしも相場下落につながるとは考えていない」
 「その後の利上げペースは重要だ」
 「どの程度の速さと大きさで利上げが実施され…
                     この低金利環境が終わりを迎えるのかということだ」
******************
>>加藤私見
******************
・ここ半年、なにも変わっていないが…
・結局は米国がしっかりしてるからこそ…
              と繰り返し申し上げてきたことがご理解いただけると思う。
・年末に向けて、日米ともに株価は20000か…
・その間、新興国・資源国の動きに注意…
・今年最後の「利食い」チャンスがやってくる!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。