加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【昨日のマーケット:150916】FOMC開催中

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□:第63号
>みなさん!!おはようございます!!
・加藤です!!
>日経電子版を入れた
・朝刊は午前3時半・夕刊は午後3時半にアップされる…
・資料整理も楽…もっと早く入れればよかった(笑)
※ご注意ください!!
・本メルマガでの情報は、信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させて
 いただいておりますが、今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願いいたします。
・*Bはブルンバーグからの引用コメントです 
****
>で…今朝の「スクランブル」
「リスク・パリティなど下げに強いとされる手法が広まったのはリーマン・ショックが契機」
「証券会社の自己売買の身動きが取れなくなったのは過剰にまで厳しくなった金融規制が原因だ」
「リーマン危機から7年。米国がやっとその出口を探り始める中で我々はなおその影響下にいる」
(証券部次長 KT)
・そんな規制を入れさせたのはだれか!?
・80年代後半、ITバブル、リーマンショック直前…市場に警告を発しなかったのは誰か!?
・今回の「東芝」への追及をきちんとやらないのはどこか!?
>当局への規制は、そうなる必然があるからだ…との反省はないのか?
>FRBさえ、「間抜け」と馬鹿にした日銀と同じ轍を踏んで「リーマンショック」を引き起こした
>「規制緩和」を訴えるより、自分たちの報道態度の反省をするのが先ではないのか?
****
【昨日のマーケット:150916】FOMC開催中
東京時間15:34現在
・TOPIX    1472.60(+10.36 +0.71%)
・日経平均  18171.60(+145.12 +0.81%)…9月に入って初めての「続伸」
・東証マザーズ    765.52(-5.86 -0.76%)
・ジャスダック    107.09(-0.13 -0.12%)
・東証REIT指数    1578.59(-9.20 -0.58%)
∵(1)前日の米小売売上高や鉱工業生産の結果を受けて米欧株上昇
∵(2)米債は売られて利回りが上昇→ドル円は再び120円台へ
◇米FOMCを控えて各市場の思惑はまちまち
・日本株にとっては輸出主導で買われやすい環境に
・8月の訪日外国客数が前年比63.8%増と好調…中国が過去最高(爆買い継続?)…安心感広がる
◆商いは低調
※東証1部
・売買代金:2兆1520億円
・出来高:18億8823万株
<ビスタマックス・ファンド・アドバイザーズ:藤原正邦代表取締役>:*B
「米利上げの見送りは織り込んだ状況になってきている」
「投資家は日本株を今までだいぶ売ってきたので反発の時期に入るのではないかとみている」
「輸出や市況関連株は…世界的な景気減速懸念を短期的にある程度織り込んだのではないか」
****
>欧州は
【英国】
*失業率(8月)17:30
 結果 2.3% 予想 2.3%  前回 2.3%
*ILO失業率(7月)17:30 >3ヵ月
 結果 5.5%  予想 5.6% 前回 5.6%
【ユーロ圏】
*ユーロ圏消費者物価指数(8月)18:00
>前月比
 結果 0.0%  予想 0.0%  前回 -0.6%
>前年比:確報値
   結果 0.1%  予想 0.2%  前回 0.2%
>同:コア
  結果 0.9%     予想 1.0%     前回 1.0%
⇒ユーロに売り
<ノルデア・マーケッツ:外国為替シニアストラテジスト;アウレリヤ・アウグリト> :*B
「消費者物価指数はやや軟調だった」
「それは金融引き締めはもちろん…超緩和策からの有意味な解除がまだ視野に入っていないことを示唆している」
欧州株式16日終値
・英FT100  6229.21(+91.61 +1.51%)
・独DAX  10227.21(+39.08 +0.39%)
・仏CAC40  4645.84(+76.47 +1.69%)
****
>NYは
NY株式16日(NY時間16:23)
ダウ平均   16739.95(+140.10 +0.84%)
S&P500    1995.31(+17.22 +0.87%)
ナスダック   4889.24(+28.72 +0.59%)
CME日経平均先物 18475(大証終比:+335 +1.83%)…朝一利食って買戻しか?
◇大幅続伸 >FOMC開催中
>米消費者物価(CPI):前月比でマイナス…今回は利上げ見送りの期待強まる
<シュルツ・アセット・マネジメント:創立者ジョージ・シュルツ> :*B
「8月末にかけた数週間の売りはやや厳しかった」
「それに対する安心感からの上昇が今みられる」
「8月初めの段階では大抵が9月中旬の利上げの可能性が高いと考えていたはずだ」
「実際にそうなっても驚かないだろう」
*消費者物価指数(8月)21:30
>前月比
結果:▲0.1% 予想:▲0.1%   前回:+0.1%
>同:(コア:除:食品&エネルギー)
結果:+0.1%     予想:+0.1%       前回:+0.1%
>これもあったよう…
*EIA週間石油在庫統計(バレル)23:30
原油在庫 -210万☆
【原油在庫の減少で47ドル台まで買い戻し加速】
・ NY原油先物10月限(WTI) (終値): 1バレル=47.15(+2.56 +5.74%)
・ ブレント先物11 月限(ICE) (終値): 1バレル=49.75(+2.00 +4.19%)
****
>一応あげとこう
<米格付け会社:スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)>
>16日
※日本国債格付け…1段階引き下げ!!
発表:「シングルAプラス」
従来:「ダブルAマイナス」
見通し:「安定的」
★S&Pが日本国債をシングルA格にするのは初めて
★アベノミクスが十分な経済成長につながっていないと判断 …だろうなぁ…


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。