加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【昨日のマーケット:151012】寝ぼけ眼

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□:第78号
>みなさん!! おはようございます!! 加藤です!!
>「前向き!!投信ゼミナール!!」@東銀座2の開催が近づきました!!
★「前向き!!投信ゼミナール!!:@東銀座2」!!★
・10月17日(土曜日)11:30〜13:00
・詳しくはこちら… http://www.jcai.jp/shop/day_chair.php?sid=186&dcid=395
・お申込みは mstb2021139@goo.jp か future1139blue@yahoo.ne.jp でもお受けしております
****
※ご注意ください!!
・本メルマガでの情報は、信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させて
 いただいておりますが、 今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願いいたします。
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版からの引用コメントです 
****
>まずは、この記事を読んでおこう…
【原油市場:もう一段の値下がり観測薄れる】 :*n
>先週末
▽指標:WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)…約2カ月半ぶりの高値に
<米エネルギー情報局(EIA)>
・2016年に原油生産量が減るとの見通しを示す …需給の緩みに歯止めがかかるとの見方が広がる
∴短期売買の投機筋による買い戻しが優勢に
*WTI*:7日に1バレル49ドル台で推移…9月中旬につけた直近安値から14%上昇
*東京商品取引所:ドバイ原油先物*:7日…約1カ月ぶりに1キロリットル4万円台に
◎原油価格…プラス要因
(1):<EIA>:6日 「短期エネルギー見通し」
・シェールオイル増産が一服
・米国の9月の原油生産量…日量901万バレル=1年ぶりの低水準に
 →16年8月の生産量…866万バレルまで減る見通し
(2)シェール減産 「原油安の長期化」 (中小シェール生産業者)
・資金繰りが厳しくなるとの見方が増える
∴油田の開発に使う掘削設備(リグ)の米国内の稼働数:2日時点で614…5週連続で減少
(3)産油国の生産調整開始観測
「ロシアのエネルギー相がサウジアラビアと月内にも協議?」
(4)テクニカル面 <エモリキャピタルマネジメント>
「WTIが50ドルを超えた場合は相場の流れに追随するヘッジファンドの買いが入りやすい」
●原油価格…マイナス要因
(1)世界的に供給の過剰は解消は当面先 「年内にはイランからの原油輸出が拡大」
(2)根強い需要鈍化懸念
<国際通貨基金(IMF)>:6日…「世界経済の見通しを下方修正」
<エレメンツキャピタル:林田貴士代表取締役>
「上値を追う動きは限られ…年内はレンジ相場が続くだろう」


⇒波乱要因が落ち着きつつあることは頭に入れておこう!!
****
これも「チラッと」見ておこう
>10月6日
*IMM通貨先物*:主要通貨…小幅な増減…ややドル買越し増加
・日本円:▲17599枚…4453枚の売越し(減)…円は買い戻された
・ユーロ:▲88810枚…1150枚の売越し(増)
・英ポンド:▲4533枚…2486枚の売越(増)
・スイスフラン:+3970枚…1255枚の売越(増)…欧州通貨は総じて売られた
*IMM通貨先物*:資源国通貨…売越しを縮小
・加ドル:▲35010枚…7225枚の売越(減)
・豪ドル:▲40839枚…8026枚の売越(減)
・NZドル:▲971枚…2091枚の売越(減)…資源国通貨はやや買い戻された
****
◎経済指標チェック
【中国】中国商務省
*対中直接投資
>9月:前年比:+7.1%(人民元ベース)
>1-9月:前年比+9%(人民元ベース)
【印度】:8月>前年比
*鉱工業生産(結果)+6.4%(予想)+4.8%(前回)+4.2%
****
【昨日のマーケット:151012】寝ぼけ眼
>さてと…NYは…
◎NY外為市場◎米ドルが下落+豪ドルなど資源輸出国通貨上昇
*豪ドル*…2009年3月以来最長の連続高を更新
*NZドル*…7月以来の高値つける
∵米金融当局…16年まで初回利上げを見送る可能性があるとの見方⇒米ドル下落
<RBCキャピタル・マーケッツ:シニア為替ストラテジスト;エルサ・リグノス> :*B
「米利上げの予測時期を遅らせているのが見られる」
「ドルロングの解消が見られる」
「ドルは多くの通貨と比較してパフォーマンスが悪い」
◎米国株式市場◎:小幅続伸…S&P500種は4日連続の上げ…決算発表待ち
<ナショナル・アライアンス・キャピタル・マーケッツ:国際債券責任者;アンドルー・ブレナー>
:*B
「収益が堅調あるいは予想を上回る限り大丈夫だろう」
「突如として…中国はさほど悪くないとの声も聞かれ始めている」
「新興市場も戻しており原油相場も回復基調にある」
「株式相場はじりじりと上昇しそうだ」
⇒ボロボロと「資源国」「新興国」を売っていた要因が剥がれている感じだ…
⇒mixiにいろいろアップしましたのでご一読を!!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。